転職の相談は誰にしたらいいのだろうと悩んでいませんか?漠然と「今の仕事、違うような気がする」「なにがしたいのか自分でもよくわからないけど、どうにかしたい」と考えている人もいるでしょう。

でも「なんとなく違うような気がする」というような理由での転職相談は、贅沢な悩みととられてしまうこともあります。「ほかにしたいことが明確にあるわけではないけれど」という場合は、「だったら、今のままでいいじゃない」と言われてしまいます。転職相談も相手を間違えるとストレスになることもあるでしょう。

転職を考えるのはどんなとき?

出典:写真AC

転職を考えるのはどのようなときでしょうか?いくつかの例を紹介します。

ケース①女性 26歳 販売

3年目になり、仕事に慣れてきたこともあり、スムーズにこなせるようになってきましたが、今の仕事が本当に自分に向いているのかわからなくなってきました。

もっと向いている仕事があるのではないか、という思いから、今の仕事に対するモチベーションがあがりません。このまま今の仕事を続けていいんでしょうか。

引用:女の転職

ケース②男性 50代

50代独身男性で一年前にリストラにより会社を退職しました。高齢の母親と同居しながら生活をしています。
預貯金も底をつきかけて今後がかなり不安です。何かいいアドバイスいただけないでしょうか。

ハローワークで求職活動をしていますが、年齢と「てんかん」を持ってることが壁になってるようで、なかなか雇ってもらえるところが有りません。

引用:知恵袋

ケース③男性 31歳 会社員

人事異動などの問題もあり、このまま続けていけないなと思い、退職を考えています。
ただ、自分で選んだ仕事なのでリタイアするのはとても悔しくもあります。

31歳という年齢、この仕事以外のスキルは無し、資格は普通自動車免許のみ。
正直、僕を雇ってくれる仕事はないんじゃないかととても不安です。

引用:知恵袋

悩んでいる人の多くが、「今のままでは良くないのではないか」と漠然と感じているけれど、どうしたら良いのかわからないという悩みを抱えていました。転職しても、必ずしも今より良い状況になるとは限らないというところに不安を感じているのではないでしょうか。

転職を相談する相手は?

転職を考え始めたとき、誰に相談する人が多いのでしょうか?

比較的、男性よりも女性のほうが、周囲の人に相談できます。男性の場合、プライドもあって、悩んでいるという弱みを人に見せられません。そしてネットなどで検索して、悩みの解決を図ろうとします。

周囲の人に相談する

女性の場合、家族や恋人、友人に相談する人が多いようです。しかし中には、家族には心配をかけられないという理由で、相談できない人もいます。

また恋人や友人に相談をしても、相手がその内容に詳しくなければ、良いアドバイスは得られません。悩みを打ち明ける相手がいるというのは、それだけで心強いものですが、話しても解決策が見つけられないのでは、話したことが単なる愚痴のようになってしまうこともあります。

公共機関に相談する

専門家に聞きに行ってみようと、ハローワークに出向けば、相談員が悩みを聞いてアドバイスをしてくれます。親身になってくれる職員に当たれば良いのですが、素っ気なく対応されて嫌な気持ちになることもあります。

ハローワークは基本的に仕事を斡旋してくれる機関です。仕事の悩みであっても、漠然とした悩みでは相談しにくいでしょう。

プロのアドバイスを受けてみたい!

出典:写真AC

誰に転職相談をしてもスッキリしないと悩んでいて、プロのアドバイスを受けてみたいと思っている人はいませんか?

または転職相談をしたいけれど、誰に相談したらいいのだろうと悩んでいる人は、キャリアコンサルティングを行っている会社に相談することを検討してはいかがでしょうか。

キャリアコンサルティングとは

キャリアコンサルティングとはなんでしょうか?

ズバリ、

  • 自分が向いていることがわからない
  • 目的のためになにから手を付けていいのかわからない

という悩みに活かせる方法です。キャリアコンサルティングを通して、これらの答えに気づいていけます。

キャリアコンサルティングを有効活用できるのは?

キャリアコンサルティングを受けると良いのは、次のような人です。

  • 漠然とこのままではいけないと思っている
  • 変わりたいがどんな方法があるのかわからない
  • やりたいことがあるけれど、それを実現する手段で悩んでいる

まず自分の気持ちをハッキリさせる必要があります。自分がどうしたいのかという答えは、自分の中にしかありません。適していることがなんなのかに気づかなくてはいけません。

次に、目的に到達するまでにはなにが必要なのか、どういった手段があるのかを見極める必要があります。無駄な努力をしないように気をつけなければなりません。

また、目指す状況を実現するためには、現実的に資金がどれくらい必要なのかを知らなければいけません。

つまり目先のことだけを見つめて悩むのではなく、トータル的なライフプランを立てていくことが大切です。陥りやすい失敗や、リスクのことも頭に入れておく必要があります。

自分で調べたり、知人に相談にのってもらうことも有効です。しかしそれと並行して、プロのアドバイスを受けてみることも大変有益です。

キャリアコンサルティングをしているKeen Linkers

キャリアコンサルティングを行っているプロに相談をすることで、悩みの本質を見極めていき、トータルライフアドバイスをしてもらえます。

ところで、キャリアコンサルティングはどこで受けられるのでしょうか?

キャリアコンサルティングを受けるなら、株式会社Keen Linkersがおススメです。

出典:Keen Linkers

Keen Linkersは相談者一人ひとりに向き合い、悩みの本質に気づき、それぞれが目指していることをどのようにすれば実現できるのかをアドバイス、サポートしてくれます。

就業先を変えたいという人だけではなく、独立したい、フリーランスになりたいという人の悩み相談にものってくれます。仕事のアドバイスだけではなく、豊かな人生を送っていくためのトータル的なサポート、アドバイスをしてくれます。

漠然と抱えていた不安を明確にして、相談に来た人たちが安心して暮らしていけることを目指しています。Keen Linkersは企業側の立場に立って考えるのではなく、仕事の経験も豊富なスタッフが、悩みを抱えている相談者の立場に立って、より良い方向へ行けるためのアイディアを提案します。

ハローワークのキャリアコンサルティングは、職業訓練を受けて転職しようと考えている人を対象にしています。トータル的な人生設計まで考えてくれるKeen Linkersのキャリアコンサルティングとは、趣旨が違うのでしょう。

Keen Linkersの無料相談を受けてみよう!

自分で調べていると、情報が多すぎて混乱してしまうこともあります。転職したいのに、不安でなかなか実行に移せなくてもどかしいときは、一度、プロに相談してみませんか?

Keen Linkersでは無料相談を行っています。キャリアコンサルティングを受けることで、頭がクリアになり方向性がはっきり見えてくる可能性も高いです。

転職についてどう考えたら良いのか、自分の人生を決めるのは自分、しかし決意を固める上で、信頼できる相談相手選びが重要です。間違った相手に相談をして、失敗することは避けたいですよね。

人生は一度だけ、自分の気持ちに気づけるのは自分だけ。その際に、Keen Linkersのキャリアコンサルティングを受けてみてはいかがでしょうか。無料相談はWebから、簡単に申し込めますよ!

Keen Linkersの無料相談はコチラから!⇒http://keen-linkers.com/lp/career_consulting