転職したいけど、誰に相談したら良いのか分からない…
悩みを相談する相手がいなくて困っていませんか?
転職の相談はとてもナイーブなものなので、うっかり相談相手を間違えてしまったら大ごとになりかねません。
ココは慎重に相手を選んで誰がベストなのかをしっかりと見極めましょう。
この記事では、転職経験のある方が誰に相談したらよいのか?失敗事例からアドバイスします。
あなたの転職の相談のヒントにしてくださいね。

登場人物

転職の相談をしたことのあるFさん
インタビュアー

相談するなら会社と関係のない人にすべき

転職の相談をしたことのあるFさんにお越しいただきました、ありがとうございます。
ご自身の体験を振り返って、相談相手を選ぶコツってなんだと思いますか?

相談するなら、今の会社とは何ら関係がない人に相談するべきですね。

なぜそれがコツだと思うのですか?

以前勤めていた会社にいた頃、転職を考え始めて会社の先輩に相談したことがありました。普段からいろいろと相談にのってくれたりしていたので信頼して相談したのですが、「辞められたら困る」とか「他へ行っても同じだぞ」とか転職に対して前向きなことは何一つ言ってくれませんでした。

それは想定外でしたね…

はい。しかも、転職を考えてるってことを上司に話されてしまい大変でした。同じ会社関係の人には相談するもんじゃないですね。

なるほど…

今勤めている会社の上司や同僚、会社と関係のある人達には、よほどの信頼が無ければ相談するべきではないですね。どこでどう漏れて転職活動に支障をきたす可能性がありますから。

ありがとうございます。ではここから、経験者に聞いた「転職の相談を誰にした?もっとも多い相談相手ベスト3と相談相手を選ぶコツ」を紹介します。

転職の相談を誰にした?もっとも多い相談相手ベスト3と経験者からのアドバイス

転職の相談ベスト1、同僚・上司

出典元:AC写真

延々と「もう少し考え直してくれ」の一点張り

会社の上司が一番相談相手として適切と判断した私は転職の相談をしました。そしたら上司に飲みに誘われて、そこから延々と「もう少し考え直してくれ」の一点張りで、転職をすることを留まらされました。それから何度も相談したけど、その度に飲み屋に誘われて説得されます。あきらかに相談する相手選びに失敗しました。上司の前に別の人の相談するべきだったと思いました。

上司より先に別の人に相談するべき

転職の相談は上司よりも先に自分の気持ちも分かってくれる人に相談した方がいいと思います。上司だと辞めた後のことばかり考えてしまって、まともに聞き入れてくれません。ですから上司より先に別の人に相談するべきです。(20代女性)

信頼していた同僚が上司に「会社が嫌だから転職したい」と告げた

転職の話を仲が良い同僚に相談しました。仕事終わりに食事に行ったり、仕事の話の相談に、いつものってくれていて、私が一番信頼していた同僚でした。すると、その同僚が、私の話を上司にしたらしく、上司から私の方に直接話がきました。私がビックリしたことは、同僚が私の事を、会社が嫌だから転職したい、とストレートに言った事です。上司は会社の不満をできるだけ改善するから、辞めないでほしいと言ってくれましたが、流石に会社に居ずらくなったので、しばらくしてからその会社を辞めました。そして、相談した信頼していた同僚とも連絡をとらないようにしました。

信頼していた人に裏切られたという結果に

会社関係の人に相談するのは止めた方がいいと思います。会社関係で相談するなら、直接上司か社長か偉い人に言うのがお勧めです。第3者に相談すると、自分で思ってもいない話や展開になることがあるので注意しなければいけません。特に女性は、危険です。私の場合、信頼していた人に裏切られたという結果になってしまいましたので、人を信頼することは難しいと思ってしまいました。今度転職の相談をするなら、家族か上司に直接相談します。(40代女性)

一番仲良くしていた同僚に相談したが、部長に告げ口されてしまった

自分の仕事量に比べ給料が少なかったり、必要な休みが取れなかったことで適正に評価がなされていないと感じて転職を決意し、その旨を同僚に相談した事があります。彼女は会社で一番仲良くしていた同期という事もあり相談したのですが、その事をうっかり部長に話してしまったらしく、後日退職について考え直してくれるようしつこく引き止められた経験があります。もっと口の堅い信頼している上司に相談するべきだったと後悔しました。

同じ会社の人でない友人に相談した方が良い

転職の決断は非常にエネルギーを使う事だと思いますが、決定したら同僚に相談するのではなく、信頼できる友人(出来れば一緒の会社で働いていない人)や親、恩師に相談して見るのがいいと思います。相談から転職までに時間をかけてしまうと、なかなか抜けにくくなってしまうので、スピーディーに物事を解決する事をおすすめします。(20代女性)

プライベートでも親密な先輩に相談したが失敗した

プライベートでも遊ぶこともあり、仲の良かった会社の先輩に相談したところ、ものすごく反対され、このまま仕事を続けるというまで説得され続けました。
あまりにもその話ばかりするので、上司にも私が転職を考えていることがバレてしまいました。
この人に相談するんじゃなかったと思いましたし、社内の人に話すのはやめた方が良いなと思いました。

社外の人に相談すべき

私もそうでしたが、勤めている会社のことを客観視できるような、社外の人に相談する方が良いと思います。
できれば家族や仲の良い友人など、本当に自分のプラスになることを一緒に考えてくれる人に話すのが一番良いと思います。(20代女性)

相談したら先に辞められてしまった

勤めていた会社は、労働環境に問題がありました。残業は当たり前で、パワハラぎりぎりの上司がいるような職場で、同僚は女性が3人でした。ストレスを感じていた中で、問題を気にしていない、と公言し、毎日楽しそうに働いていた女性に、もう辞める、という話をしたところ、その時は何も言わなかったのに、次の日に私より先に辞表を提出されてしまいました。おかげで私は彼女の代わりの人が仕事に慣れるまで辞められなくなりました。

同じ状況にいる同僚に言うのはやめた方が良い

同じ立場の同僚に言うのは間違いかもしれません。あまりストレスを感じていない人でも、劣悪な環境に残されるくらいなら先に辞めてしまおう!という気持ちを持たせてしまう可能性があります。もし言うにしても、辞表提出後が良いと思います。(40代女性)

転職の相談ベスト2、家族・友人

出典元:AC写真

ただ心配させしまうだけに…

母親に転職を考えていることを相談しましたが、世代の違いからか「辞めるなんて大丈夫なの、転職先はすぐ見つかるの?」ととても心配されました。また、母親は教員で私の転職先は商社関係。業界・業種が全く異なるため、相談してもあまりいいアドバイスを貰うことはできず、ただ心配だけさせてしまう形になりました。結局転職はスムーズに行ったので安心していました。

転職経験者に相談しよう

相談をするなら、できれば同じ業界の人や同世代、もしくは年上でも転職を経験している人に相談した方がいいと思います。異なる業界の人や転職経験のない人だと、どんなアドバイスをしていいのかわからないことが多いです。(30代女性)

 

家族は理解者であるけどアドバイスを求める相手ではなかった

家族に転職したいという事を相談したら私がどうしたら良いかという風に相談したら
私の考えにすべて任せるという風に言われて結局的確なアドバイスをもらえなかったのがすごく残念でした。

私は大事な転職の相談だっただけに家族なら私の事を考えた一番的確なアドバイスを受ける事ができると思ったのですが実際はそうならなかったのが残念でした。

転職に詳しいプロに相談した方が良い

私の経験から感じたのは転職のアドバイスは転職関係の事に詳しいプロに相談した方が良いと思いました。
というのも、家族や友人や知人等に相談しても転職のような重大な事に自分が重大な決断をさせたきっかけにならないようにする傾向にあると感じたからです。

それでまともなアドバイスを受ける事ができないと思ったので転職のアドバイスはプロにした方が良いです。(30代女性)

 

父親に相談したら頭ごなしに叱りつけられた

父親に「信用できる知人に誘われている。そこならもっとやりがいのある仕事ができそうだから」と相談したところ、頭ごなしに叱りつけられました。
古い考え方の父親だったので、女性のスキルアップなどはなから頭にないようでした。
低収入でも安定しており、家にいくらか生活費を入れ後は結婚資金に貯めておくのが若い女の仕事の意義だと言われました。

親族で理解のある人を見つけておこう

自分に理想を持っているなら、親兄弟の言葉でも逆らう気概が必要です。
但し、客観的に今の仕事と自分のキャリアを見つめることは必須です。
家族と全く縁を切ってしまうと後々困るかもしれないので、親族のうちに理解者を見つけておく必要もあるかもしれません。(40代女性)

転職の相談ベスト3、専門家

出典元:AC写真

希望する職種とは関係ない職場を紹介された

某人材紹介会社の転職相談所へ行きました。そこではたくさんの求人を紹介していただきましたが、「うちのグループ会社はどうですか?一緒に働きましょう」と言われ、しつこく勧誘されました。いかにグループ会社が素晴らしいかを熱く語られました。しかし、私の希望する職種とはかけ離れていたため、お断りしました。せっかく交通費まで払って、行ったのに残念でした。

2社以上はかけもちすべき

転職支援会社へ相談するときは、1社だけに絞らず、2社以上はかけもちした方が良いと思います。比較対象がなければ、一方的な情報に惑わされる危険性があるからです。そしてゴリ押しされる会社は止めておいたほうが良いです。(30代男性)

まとめ

今回の記事では、転職の相談相手を誰にしたら良いのかを悩んでいる方のために、実際に転職の相談をしたことのある方々に聞いて、相談相手を選ぶコツを事例を踏まえてご紹介しました。

同じ社内の上司や同僚には絶対に相談すべきではないですね。また親世代も「転職」に良いイメージを持っていないのでやらない方が良いでしょう。

更に、多くの転職エージェントは自社の利益を優先させますので希望しない職種を紹介されるケースも多いようです。

ちなみに、キャリアコンサルティングでは、転職、派遣社員、フリーランス、独立など、ステップアップをお考えの方に対する人生設計サポートを行っています。

キャリアコンサルティング

 

画像元:イラストAC

シルエット画像:オリジナル


この記事を書いた人
ワーコ
働くことが大好きで、仕事中毒です。働き過ぎて体を壊して仕事を辞めたことをきっかけに、仕事についてあれこれ考えるようになりました。今はフリーランスをしながら、転職活動もしているという荒業でキャリアアップをはかっています。