転職の相談ってどこにしたらよいのだろうか?
初めて転職を考えるとき、よく分かりませんよね。
この記事では、実際に転職をした人たちが具体的にどこに相談したのか?相談先の状況なども一緒に事例をご紹介します。
転職の相談先に行く前に読んでおきましょう!

登場人物

転職の相談の経験のあるWさん
インタビュアー

ハローワークの職員は分かってくれなかった…

転職の相談の経験のあるWさんさんにお越しいただきました、ありがとうございます。
転職の相談はどこにされましたか?

ハローワークです。

ハローワークに相談されてどうでしたか?

ハローワークで相談したものの、世間一般的な意見のみしか聞けない状況でした。

それは具体的にどういうことですか?

希望があったとしてもそれは世間的にはといわれてしまったり、面接の練習をしたほうがいいと言われたものの日程が合わないのに無理に入れられたりと本当に困りました。

それはいただけませんね…

正直ハローワークの人は自分のことが全く分からない人たちですし理解をしていただくというのは難しい話かもしれません。

なるほど!ハローワークの職員は公務員ですからね。民間企業で働く人たちのことが分からないこともあるかもしれませんね。
しかし、「ハローワークに相談してよかった」という人たちもいるので、うまく使えば利用価値があるかもしれませんね。

ありがとうございます。ではここから、経験者に聞いた「転職の相談先と上手な活用方法」を事例を踏まえてご紹介します。

転職の相談をどこがおススメ?具体的な事例と上手な活用方法をご紹介

■ハローワーク

出典元:AC写真

アドバイスがとても役立った

私は、製造業の現場で仕事をしていましたが、CADの仕事がしたくて転職しようと思いました。
相談員の方は、年配の女性の方でしたが、彼女にはCADの仕事がしたいなら、資格を取った方が良いと勧められました。
資格取得のサービスや短期間の専門学校を勧められました。
また今の会社でもCADの資格を取れば、その仕事をさせてもらえるか聞いたほうが良いというアドバイスもしてくれて、とても役立ちました。

自分は何をやりたいのかを具体的に決めておこう

まずどこに相談するにしても、自分が何をしたいのか、どんや仕事をしたいのかを出来るだけ具体的に決めておいた方が良いと思います。
それさえ決まっていれば、相談員の方も転職先の候補を挙げやすいですし、希望の条件や資格が必要か、資格取得サービス等も教えてくれます。
自分の方向性だけは、しっかりと持っておいてください。
(30代男性)

面接や志望理由などのアドバイスは的確

大学を卒業して3年以内でしたので、新卒ハローワークに相談しました。「気になる求人は全部受けてみましょう」という大雑把なアドバイスをもらいました。ですが、志望理由や面接練習はとても丁寧にしてくれました。特に志望理由は、一緒に考えていただいたり、的確なアドバイスを頂けました。求人は自分で見つけてくるほうが良いと思います。

面接練習が無料なのはおススメ

とにかく、ハローワークなどの相談機関に相談したほうが良いと思います。1人で転職活動をするのは、限界があります。特に面接練習を無料でしてくれるハローワークはオススメです。他の企業ですと、紹介料金が高いところばかり紹介されます。
(30代男性)

強みや志望理由を一緒に考え、メンタル面もサポート

ハローワークでは求人の状況についてどのくらいの応募があるかや、自分にあった仕事を提案してくれました。例えば営業をやりたいと言ったら休みや給与の面、勤務地を相談して決め、その条件に基づいて決めた企業に出す履歴書の内容で、一緒に強みや志望理由を考えてくれました。面接で落ちても他にいっぱいいいところがあるし、大丈夫と励ましてくれたこともあります。

一緒に頑張れる指導員を見つけよう

まず、ハローワークであるなら自分にあった、そして心置きなく相談できる指導員を見つけることです。私は最高の指導員と出会えたので何度と相談にのっていただき、落ち込んでるときも励まし、そして人生相談も乗ってくれました。なので、一緒に頑張れる自分にあった指導員を見つけることをおすすめします。
(20代男性)

■転職エージェント

出典元:AC写真

丁寧な対応に助かる

ある転職エージェントに登録し、私の条件・要求などをお伝えし相談に乗ってもらいました。時々私の条件に見合わない案件を紹介されることもありましたが、最終的には良いところが見つかり現在はそこで働いています。こちら側の条件がある程度固まったものだったので、それに対するアドバイスなどは特にありませんでしたが、丁寧に対応していただき非常に助かりました。

転職先の希望と自己分析をやっておこう

相談する前に少なくとも業界、業種、希望給与額は決めておき伝えておくとスムーズに進むと思います。また、自分ができること、得意なこと、苦手なことなども伝えておくと相談される側もマッチングがやりやすくなると思います。
(30代女性)

エージェントのアドバイスと企業が欲しい人材にギャップ

売り手市場とは言えども40歳間近の転職ということで、かなり転職を行うにあたっての状況はよくない事を理解したうえでエージェントに相談をしました。エージェントからいただいたアドバイスは、その企業の欲しい経験は持っているので自信をもってください、堂々と行ってください、云々…たくさん暖かい言葉はいただきました。
しかし、最初はその言葉を真に受けて書類選考・面接など積極的に受けてはいたものの、実際の企業が欲しい人材とはギャップがあるように感じました。

独自で企業調査は必須

エージェントに登録したとしても、企業調査等は必須です。エージェントから言われたことだけを鵜呑みにせず、実際に書類を送る前や面接に行く前にはその企業の調査をご自分でもしっかりされたうえで応募されることをお勧めします。エージェントからの紹介は非常に多いと思いますが、自分で分析や企業研究を行っていくと、その企業は本当に欲しい人材はどういうターゲットなのかわかってくると思います。そこで自分に合わないのでは…?と少しでも思ったら、迷わずエージェントの担当者に質問を投げかけ、書類が通る可能性がどれくらいあるのか等も聞いてみた方が良いです。
(40代女性)

エージェントによりサービスに開きがある

現在の職場へ転職する際に、転職エージェント5社程度申し込み、キャリアコンサルタントによるサポートを受けていました。
その中でも私の一押しは某転職エージェントです。
こちらのエージェントは、ご紹介いただける企業が私の希望や興味にマッチする度合いが、他社エージェントでご紹介いただいたものより格段に良かったです。
応募したいと思える企業をご紹介いただける印象がとても強く残っています。
他社のエージェントでは、大手であっても「ご紹介できる企業がございません」と断られてしまうこともありました。
ご紹介いただけたとしても、まるで紹介実績数を稼ごうとするかのように希望と関係ない企業を無鉄砲に多数紹介されたりするところばかりでした。
また、某エージェントは、書類選考の通過率も他社より高かったように感じました。
過去の筆記試験や面接試験の傾向を詳しく教えてくれるので試験対策もとても進めやすかったです。

転職エージェントを積極的に活用すべき

転職をお考えの際は、なるべく早く転職エージェントに申し込んでキャリアコンサルタントによる転職支援サービスを受けることを強くお勧めします。
私は、最初の3ヶ月くらいは自分で転職サイトに登録して企業を探し、書類を作成して申し込んでという作業をしていましたが、とても時間がかかる上に書類選考すら通らない応募企業が数十件に上りました。
しかし、だめもとで転職エージェントに申し込んでみたら、志望に合う企業を探してくれますし、書類選考用の書類も作成して提出してくれますので応募までで疲弊してしまっていたそれまでの状況から格段に効率が良くなりました。しかもプロが書類を作成して提出してくれるので、書類選考の通過率が格段に上がりました。
是非、転職を思い立った時点ですぐにでも転職エージェントへの申し込みをお勧めします。
そして、数ある転職エージェントの中でも、私の一番のおすすめは、「type転職エージェント」です。
他社のエージェントに比べて転職支援サービスの質やコンサルタントの優秀さが実感と共に高いのを感じていただけると思います。
皆様の転職の成功をお祈りしています。
(30代男性)

■派遣会社

出典元:AC写真

派遣会社への登録は意外とおススメ

派遣会社に登録して、説明会で転職に関して相談しました。実際に、自分の要望に合わせた企業をいくつか紹介して頂いたので求人雑誌で探すよりは遥かに楽になります。また、派遣会社の方と一緒に、実際に紹介して頂いた派遣先の企業に見学に行ったりすることが出来たりと手厚い対応をして頂きました。新しいことにチャレンジしてみてもいいかもしれないですよとアドバイスを頂きました。

ハローワークより気軽に相談できた

ハローワークの方がもちろん確実に正社員を探せると思いますが、私は派遣会社に転職相談をすることをオススメします。ハローワークよりも気楽に自分の希望する職種や要望を相談できますし、登録だけしておくことも可能なのでオススメします。
(10代女性)

事務職正社員希望で具体的なアドバイスと対応してもらう

某派遣会社にお世話になりました。27歳という年齢で事務職正社員を希望していました。具体的なアドバイス、行動としては、紹介予定派遣で進めて行きましょうということになり、数少ない求人数でしたがとにかく話があれば紹介をしてもらいました。年齢的なことや正社員枠において不利な状態でしたが、担当者がこちらの要望に絞って積極的に動いてくれましたし、これまでの自身の職歴などを踏まえて、面談の時などはかなりプッシュしてくれたので、現在しっかりと6ヶ月の派遣後、正社員として働くことができました。

マッチングして合いそうな仕事をどんどん紹介してもらえた

自分の年齢やどのように動いてもらえるのか、それに合った相談先がいいと思います。ハローワークのように自分で見つけるところよりも、合いそうな仕事をどんどん紹介してもらえるようなところがいいのかや、年齢的な部分を考えるのであればその点も踏まえて動いてもらえるよう、一人に対して担当者が付くシステムなど、どのように活動したいか、してもらえるかを考えてみて、自分に合いそうな方法を絞って相談先を探すといいと思います。
(30代女性)

まとめ

今回の記事では、転職の相談先をどこにしたら良いのか?迷われている方のために、具体的な相談先とその上手な活用例を実際に利用したことのある人たちの事例からご紹介しました。

ハローワークと転職エージェント、派遣会社などが多く利用されているようです。それぞれ一長一短ありますので、事前準備をしっかりして相談するのがおススメです。

ちなみに、キャリアコンサルティングでは、転職、派遣社員、フリーランス、独立など、ステップアップをお考えの方に対する人生設計サポートを行っています。

キャリアコンサルティング

画像元:イラストAC

イラストAC


この記事を書いた人
ワーコ
働くことが大好きで、仕事中毒です。働き過ぎて体を壊して仕事を辞めたことをきっかけに、仕事についてあれこれ考えるようになりました。今はフリーランスをしながら、転職活動もしているという荒業でキャリアアップをはかっています。