今この記事を見たそこのあなた!会社辞めたすぎる…と毎日思っていませんか?安心してください会社員なら誰しも一度は思ったことがある感情です。大事なのは会社を辞めたい…それからどうするのか?というこれから先の行動の方が大切なのです。この記事では悩めるあなたの問題を解決していきます!

出典:pixabay

1.はじめに

冒頭でも述べた通り、毎日行きたくないという気持ちで会社に通勤することは非常に辛いことです。そのまま無理して会社勤めをした結果ストレスが原因で病気になってしまって働けなくなったという結果になってしまっては元も子もありません。あとどれくらいなら耐えられるのか、ということは本人にしか分かりません。自分の判断で会社を辞めるという他ないのです。

しかし、実際会社を辞めるとなると相当の覚悟が必要ですよね。実際前の仕事より給料が減ったという話はよくある話です。そして会社を辞めたいけど、給料が減ったり待遇が悪くなりそうで、会社を辞められない…という負のループに陥ってしまいます。

ではどうすれば自分の納得いくような決断ができるのか?それは準備をしっかりすることです。どんな準備かというと退職の準備や転職に向けての準備などするべきことがたくさんあります。次項で詳しく解説していきます。

2.会社を辞めたいと思ったら?

出典:pixabay

では実際会社を辞めようと思ったらどんな準備が必要なのでしょうか?

初めに退職の手続きの準備があります。ここで最も大切になってくるのは、相談をするということです。自分が会社を辞めたい気持ちとその理由を家族に相談しておきましょう。次項でも述べますがこれが非常に重要になってきます。

家族に相談する前に会社の上司に相談する手もありますが、会社を辞めるという話は会社にとってあまりいい話ではなく、上司からすると辞められると会社からの自分の評価が落ちるので引き留めにかかってきます。そうなると決心が揺らぎ結局会社にずるずる残るという結果になってしまい、人間関係も悪化する可能性がありますので、確実に辞めるという決心がついてから上司へ報告するようにしましょう。

退職の意志が上司に受理されれば、役員にまで話が上がり、そこでさらなる引き留めに合う場合があります。一流企業や上場企業の場合支店を多く配置していますので、別の支店に配置転換という話を持ちかけられます。一度辞めると言った人間が配置転換された先で元の今まで通り働けるかと言うと、なかなか厳しいですよね。そもそも会社が嫌だから辞めたいと言っているのに配置転換したからと言って改善される話ではありませんし。なので引き留めに屈しない強い意志が必要になります。

役員が退職の意志を受理すると、本格的な退職日の日程決めや引き継ぎの調整に入ります。退職の日程は、基本会社の就業規則に従う形になります。しかし法律で従業員が退職の意思を書面、口頭で表示した日から最低2週間で辞められるという定めがあります。どうしても会社に行きたくないという方は、有給を使って2週間で辞めるという手もありますが、引き継ぎなどがある場合、実質2週間で辞めることはほぼ不可能です。引き継ぎがある場合は原則目安として1カ月と言われているので、退職日から逆算して余裕を持って退職の意思を上司に伝えましょう。

尚、会社に行きたくないからといって連絡も無しにバックレたり、上司の了解も無しに退職届を出すと会社側から損害賠償などを求められる可能性も出てきますので注意しましょう。

退職日や引き継ぎの調整が終わり退職願いを出せば、退職の準備はできたも同然です。後は退職日に備えて机周りの整理をしたり、会社から借りた貸与物の返却の準備をするだけです。出来れば、お世話になった方達に菓子折りを渡せると社会人としてよりより印象を与えることができ、円満退職に繋がります。退職の手続きの準備は以上です。

退職の手続きと並行して転職の準備も並行してしておく必要があります。いざ会社を辞めれたけど、次働く場所がないとなっては大変ですからね。会社を辞めてから探そう仕事を探そうとするとどうしても焦りが生じ、内定を貰えた会社で妥協してしまう可能性も高くなり、結果また転職という風になりかねません。

転職の準備としては、転職サイトを見てウェブ応募したり、知り合いの会社を紹介してもらうという方法があります。ここで注意して欲しいのが自分の適性考え会社に応募するということです。転職回数が多くなれば多くなるほど雇ってくれる会社も当然減りますから、転職した会社をすぐ辞めては本当に働く場所が無くなってしまいます。当たり前ですが、転職先の会社を辞めないよう自分に合った仕事を選ぶことが重要です。

では自分に合った仕事はどうすれば見つけることができるのか?そこで大切になってくるのが、2回の相談です。私の失敗段を交えお話していきます。

3.転職前にしていなかった筆者の失敗談

出典:pixabay

2回の相談それは何だと思いますか?

1つ目は、会社を辞めるということを家族に相談せず、辞めてから家族に事後報告したことです。当時の私は、家族に会社を辞めると言えば絶対反対されると分かっており、また会社でのストレスもあったので、これ以上余計なストレスを感じたくないと思い言いませんでした。事後報告した後、相談して欲しかったと言われ相談しなかったことを後悔しました。事後報告でしたが、両親から会社勤めの厳しさや会社選びのアドバイスを貰うことができ、辞める前に相談していれば良かったと心から反省致しました。相談していても辞めることに変わりはなかったと思いますが、心構えは大きく変わっていたと思います。

2つ目の相談は、転職サイトの相談サポートを利用するということです。私は退職してから自分がしたいと思った職種にしか応募しませんでした。それは自分の適性をしっかり把握しておらず、楽そうや待遇がいいからと言った基準でしか選んでいなかったためです。これは非常に危険でまた辞める可能性が高くなります。自分の能力を最大限に発揮できる場所を選ぶには、サポートをしっかり利用して、自分の適性を知ることが大切です。

4.相談は自分の視野を広くする 

出典:pixabay

以上で述べた通り、退職・転職において相談することはとても大切なことだと今なら断言できます。2回の相談をしっかりしていれば私の人生は今よりより良いものになっていたのたかもしれません。

当時私は、もう二十歳を越えた社会人だから何でも1人でできるというプライドがありました。でもそんなプライド今すぐ捨ててください。一人で悩んでたって一人分の考えしか思いつきませんし、主観的な視野に陥り自分で自分を追い込んでいるだけです。相談をすることにより自分と違った考えの意見を聞くことができ、考え方が180度変わるかもしれません。

考え方を変えれば辞めたいと思っていた会社もいい風に見えてくることもありますし、自分が向いていないと思った職種でも適性を見つけることができるかもしれません。相談はすることは基本無料ですが、自分の生き方を何倍もより良いものに変えてくれます。

 退職においては身近な家族に相談し、転職においては無料サポートの相談を受けてみることをオススメします。ここで私から転職相談においてオススメのKeen Linkersのサポートについて紹介します。

5.転職相談ならKeen Linkersにお任せ! 

Keen Linkersでは、今の仕事が嫌で転職したい方、転職して年収を上げたい方、フリーランスになって自由を手に入れた方など様々なサポートを行っています。さらに転職だけではなく、今後の人生設計までもサポートを行っており非常に充実した内容になっています。

実際、ブラック企業に入ってしまい不眠不休となった男性が、手厚いサポートの結果ホワイト企業に入社できた事例などがあり、実績もしっかり保証されています。

転職や今後の人生について悩みがや行き詰まっているる人は、Keen Linkersに連絡すれば自分の思いや考え、今後のキャリアプランなどのヒアリングが行われ、考えに合わせて最適な提案がなされます。客観的な目線での提案ですので、新たな自分の一面を見つけることもできます。

最後の決定は自分自身で決めることができますので、安心して利用することができます。

↓Keen Linkersのサポートを受けたい方はこちら↓

Keen Linkersサポート

6.まとめ


出典:pixabay

以上より会社を辞めようと思っている方は、まずは相談から初めてみてください退職の相談は、家族などの身近な人にし、転職の相談はKeen Linkersにすれば悩みや不安は解消されます。

仕事は人生で50年はしなければいけない世の中ですので、楽しみや、やりがいのある仕事を見つけて人生を豊かにしていきましょう!


この記事を書いた人
新卒で入った会社を半年で辞めたミカです。自分の生き方について真剣に悩んでいる時期でして、人生プラン計画中です。会社勤めをしたくない人や働きたくない人でもネットビジネスで個人事業主として生きていけますので、お互い頑張っていきましょう!