出典:写真AC

 

生命保険に入るか入らないかで悩んでいませんか?

 

生命保険に入るべきか入らないべきかは、個人の置かれている環境や状況によって異なります。

 

生命保険に入るか入らないかで迷ったときに考えるべき5つのことを紹介します。

 

 

生命保険が必要な理由は?

出典:写真AC

 

なぜ、あなたに生命保険が必要かしっかりと考えていますか?

 

社会人になったから、結婚するから、子供が生まれるからなど漠然とした理由ではありませんか?

 

病気や怪我に備えて医療に手厚い保険に入る、老後に備えて貯蓄型の保険に入る、扶養家族のためにお金を残すなど明確な理由はありますか?

 

社会人になったからといって独身で扶養もいない、結婚したからといって共働きで子供がいなければ、死亡保障が手厚い保険に入る必要があるのでしょうか。

 

職場や知人、友人から勧誘をされて同じ生命保険に入っても、あなたにとってその生命保険が必要であるかはわかりません。

 

自分にとって生命保険は必要か、どんな種類が適切かなどをしっかり考えるべきです。

 

誰のために生命保険に入るの?

出典:写真AC

 

誰のために生命保険に入るのか、保険給付を受ける人のことを考えていますか?

 

病気で怪我をしたときに自分の出費を抑えるため、自分が働けなくなったときの扶養家族のため、自分に万が一のと子供にお金を残すためなど

 

様々なケースがありますが、それによって適切な生命保険が変わってきます。

 

誰のために入る保険なのか明確にすることが大切です。

 

入る生命保険の種類は適切?

出典:写真AC

 

生命保険にはさまざまな種類がありますが、種類が多くて、複雑だからといって保険営業の人に全て任せていませんか?

 

個人の環境や状況によって適した保険は異なり、保険営業の人がそれらを理解して適切な保険を提案してくれることもありますが、一部には自分の利益を優先して保険営業をする人がいます。

 

生命保険の種類を把握して適切か自分で判断することが大切です。

 

主な生命保険の種類

死亡保険

医療保険

学資保険

個人年金保険

 

さらに死亡保険は定期保険、終身保険、医療保険はがん保険、傷害保険などの種類に分かれています。

 

生命保険に入らないリスクは?

出典:写真AC

 

生命保険に入らない場合のリスクを考えていますか?

 

病気や怪我で入院したときの出費に備えて貯蓄はありますか?

 

働けなくなったときに家族を養っていけますか?家のローンは払えますか?

 

生命保険に入ると万が一のときのリスクを軽減することができます。

 

貯蓄が充分にあったりサポートしてくれる人がいたりするのであれば問題ありませんが、そうでなければ、万が一のときに備えなければなりません。

 

生命保険に入らないで貯蓄や資産運用できる?

出典:写真AC

 

生命保険に入らないで自分で貯蓄して、資産運用はできますか?

 

生命保険に入らないのであれば、万が一に備えて貯蓄して資産運用しなければなりませんが、貯蓄や資産運用をうまくできない人もいます。

 

貯蓄や資産運用をうまくできないのであれば、生命保険に入っておくと万が一に備えることができます。

 

まとめ

 

生命保険に入るか入らないかで迷ったときに考えるべき5つのこと

・生命保険が必要な理由は?

・誰のために生命保険に入るの?

・入る生命保険の種類は適切?

・生命保険に入らないリスクは?

・生命保険に入らないで貯蓄や資産運用できる?

 

生命保険『入るか入らないか』かで迷っているかたはぜひ、ライフプランコンサルティングへご相談ください。