出典:Photo AC

「しみを無くして、肌年齢を若返らせたい!」
「そばかすがあることばかりを気にして、モヤモヤ悩んでいる状態から脱出したい!」
「しみ、そばかすを消す方法をどうしても知りたい!」

こんな風に肌をもっと良くしたいと願っているあなたが知りたい情報を盛り込みました。しみ・そばかすについての簡単な知識と、具体的な対策を得ていってくださいね。

しみ・そばかす対策をしっかりして、明るい笑顔で過ごす毎日を手に入れましょう!

そもそも、しみ・そばかすの違いって何?

しみとそばかす、似たような場所にできるものですし、違いがよく分からない方も多いのではないでしょうか。

一般的に言われている大きな違いは、肌にできる時期。
しみは、年齢を重ねた肌にできやすいものです。はやい人では20代後半ごろからしみが表れるケースがありますが、ほとんどは30代、40代以降でしみが目立ってきたと悩みはじめます。
そばかすは、幼い頃にできることが多いもの。大人になるにつれて、薄くなったり目立たなくなります。

他にも、しみ・そばかすの違いとしては、肌にできたときの個々の形が挙げられます。
しみの形は丸みをおびたものがほとんど。そばかすは三角や四角で小さいものが多数散らばるように表れます。

それぞれ違いはあるけれども、しみもそばかすも対処方法は同じです。

しみ・そばかすができる理由

しみ・そばかすの対処方法を知る前に、どうしてしみやそばかすができるのかを簡単に知っておきましょう。理由さえ分かれば、これ以上しみ・そばかすに悩まされないように予防することができますからね。

なぜ、しみができるの?

しみは、見た目によくないせいか悪者扱いされがちですが、じつは肌を守るために生まれたものなのです。

しみは、2種類の原因が絡み合ってできます。

  1. メラニンがたくさん生まれてしまう状態
  2. メラニンが肌に残ってしまう状態

メラニンとは、黒の色素のこと。肌の奥にあるメラノサイトという部分から生まれます。紫外線などが肌の奥へ到達して、皮膚ガンなどを引き起こさないように、ガードする役目をもっています。

出典:Illust AC

太陽の日差しをたっぷり浴びた後に肌が黒くなるのは、メラニンが大量に生まれた証拠。夏に日焼けした肌が、いつの間にかいつもの肌の色に戻っていくように、通常ならば、メラニンは肌から排出されてなくなってしまいます。けれども定期的に紫外線を浴びることが続くと、メラニンが新たに作られ続けて、肌は黒さを保ったままの状態となります。

紫外線以外にも、メラニンがたくさん生まれてしまう条件があります。

  • ニキビなどの肌トラブル
  • 肌に過剰な刺激が加わることが続く
  • 炎症
  • ストレス
  • 喫煙
  • 睡眠不足

このように、肌に直接負担をかける以外にもメラニンが増える原因が隠れているので、気をつけましょう。

 

2番目の原因である、メラニンが肌に残ってしまう状態がおこってしまうのは、肌のターンオーバーの乱れが関係してきます。

正常な肌のターンオーバーは約28日といわれていますが、年齢を重ねるにつれてその周期は遅れていきます。それ以外にも、睡眠時間が十分でない場合や、バランスのよい食事をとれていないことが続くと、ターンオーバーが乱れてしまいます。

肌のターンオーバーの周期が不安定になると、肌細胞の質の低下をまねくことも。肌細胞が十分に育たないうちに表面にでてきてしまうと、うるおいの足りない肌質になり、よりしみが目立つようになってしまうのです。

 

しみは、以上のように様々な要因が積み重なって肌に表れるものなのです。

なぜ、そばかすができるの?

幼いころからそばかすができている人は、遺伝が原因のことが多いとされています。つまり、紫外線に反応しやすい肌質を受け継いでしまったということ。

そばかすもしみの仲間ですから、メラニンが生まれてくる経緯はしみの時と同じ。

違うのは、そばかすは思春期を過ぎたころに無くなっていく可能性があることです。そのため、幼いころにそばかすができた場合は、積極的に消そうとせずに様子をみるケースがよくみられます。

しみ・そばかすって消えるの?

しみとそばかすの違いや理由を比べてみましたが、実はどちらも対策は同じなのです。
あなたの肌にできているものがどちらであろうとも、やるべきことは一緒。

完全に消えるかどうかは肌質や生活習慣にもよりますが、肌のターンオーバーの周期を正常化し、メラニンを増やさないようにすれば、少しずつ、薄く目立たなくしていくことは可能です。

また、美容クリニックなどでしみ・そばかすを消す方法もありますが、高額なお金がかかります。さらに、しみ・そばかすができた根本的な原因を見直していないと、新たなしみ・そばかすに悩まされることとなり、延々とクリニックのお世話になり続けなければならない可能性があります。

オススメなのは、しみ・そばかすをこれ以上増やさないように気を付けながら、しみに効く美容成分を肌に与えていくことではないでしょうか。

シンプルなしみ・そばかす対策

出典:Photo AC

しみ・そばかすに効く美容成分を肌に与えるのがいいとオススメしましたが、特にその条件を満たしているのがこちら。

【薬用Wオールインワンジェル「ピュアメイジング」】

オールインワンジェルなので、肌への刺激を最小限におさえることができます。しかも、スキンケアはこれだけで済むので、とってもシンプル

オールインワンジェルで肌ケアをしていくと、あっという間にしみ・そばかすが消えるという方法ではありませんが、地道にやっていくことで効果が期待できます。

これは、ダイエットと同じです。
摂取カロリーを極限まで減らして、1週間で5キロ痩せたとしても、ストレスでドカ食いをくり返し、リバウンドして以前よりも体重が増えてしまった、というのはよく聞く話ではないでしょうか。
身体に無理をさせて頑張っても、もっと面倒な状態になるだけです。短期間で効果がでるものは、ちょっとの間しかもたない上に、身体にも心にもダメージを与えます。

肌に無理をさせずに、少しずつ良い方向へと進む方が、結果的に見ても効率がいいことが分かりますよね。

シンプルで確実なわけ

スキンケアの手間がかからないという点で、ピュアメイジングをオススメしましたが、もうひとつ、しみ・そばかす対策にぴったりな点があります。

それは、「紫根エキス」が配合されているということ。

しかも、業界トップの配合量で!

紫根エキスについては美容界で話題になったので、知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そう、あの見た目が20歳以上若返ったあの女性が使っていたのが、紫根エキスが配合された化粧品だったのです。

その肌を若返らせた女性は、50代で紫根エキスに出会い、30代くらいの見た目へと変化しました。何歳からはじめても遅くないことが証明されたようで心強いですよね。

さらに紫根エキスは、医療現場でも注目を集めています。つまり、プロの目から見ても効果が高いと認められているも同然の成分なのです。

こんなに効果が認められた美容成分がたっぷりと入っているなんて、それだけでも嬉しくなりますが、紫根エキス以外にも、美白や保湿に効果のある成分がこれでもか、と配合されているのがピュアメイジングのステキなところです。

しみ・そばかす対策をするなら、まず使ってみるといいオールインワンジェルだと思います。

しみ・そばかすを改善しながら肌年齢を若返らせよう

出典:Photo AC

あなたは、しみ・そばかすを改善させたい、と願っていますよね。ですが、それ以上の目標をもつことで、もっと輝ける肌を手に入れることができるのです。

ちょっと考えてみて欲しいのですが、単にしみ・そばかすさえ無ければ、あなたは満足を得られるのでしょうか。

多くの女性は、こう思うはずです。

「もっと明るい肌を! もっとハリのある若々しい肌になれたら!」と。

だったら、はじめっからその状態を目指せばいいのです。しみ対策だけをやって、次に美肌を目指すよりも、ずっと早く理想の肌に手が届きますからね。

肌年齢を若返らせるってどういうこと?

肌年齢を若返らせるということは、見た目を若返らせることにつながります。肌がイキイキとしていれば、それだけで若くみえるもの。

例えば、あなたが45歳だとして、近所の方から

「えーッ! 30代前半かと思ってました!」

なんてビックリされたら嬉しいですもんね。

このように実際の年齢よりも肌年齢が若い状態をつくるのが、わたしたちの理想。

 

でも、20代でもカサカサ乾燥していたり、くすんだ肌の人がいるのは事実です。反対に60代なのにツヤツヤの肌をしている人も存在します。

その違いはどこからくるのでしょうか。

もともと生まれもった肌質が、肌荒れしやすい場合もありますが、多くはスキンケアのやり方や生活習慣、食事の内容、生活環境の違いなどが影響してきています。

ぷるぷるの赤ちゃんの肌レベルになるのは難しいとしても、適度に潤った健康的な肌になることは誰にだってできるのです。

肌年齢をチェックする

出典:Photo AC

「よーし、肌年齢を若返らせよう!」
と思い立ったところでまずやってみてほしいのが、あなたの現在の肌年齢をチェックすること。

マイナス5歳の肌がいいのか、思いきってマイナス20歳の肌を目指すのか、どんな目標を掲げるのかは自由ですが、それを決める前にあなたの肌年齢が何歳なのか知っておくといいでしょう。
実際の肌年齢を知らずに、肌を若返らせようとするよりも、現時点で何歳なのか分かっていた方が効果が見えやすいものです。

自分の肌なんだから、1番よく分かっているのは自分。そう思っていても、1ヶ月前の肌状態を詳細に思い出して、今の肌と比べてみて、と言われたらとまどってしまうのでは。
効果をリアルに実感するためにも、ぜひ肌年齢をチェックしてみてくださいね。

簡単にチェックできる方法はいくつかあります。

  • 肌年齢診断サイト
    いくつかの質問に答えることでチェックできます。好きなタイミングでできるので気軽に挑戦可能。もちろん無料。
  • 肌年齢診断アプリ
    質問に答えてチェックするものから、カメラで写真を撮って見た目年齢を診断するものまでいろいろ。無料が多い。
  • コスメカウンターで調べる
    無料で肌診断できるところがあるのでチャレンジしてみては。ただし、美容アイテムをオススメされ、セールストークに付き合わなければならない可能性大。
  • クリニックで調べる
    詳細に調べて分析もしてもらえます。ただし有料なのが一般的。診断内容によってはそのクリニックに通うことになりそう。
  • エステで調べる
    お試しコースなどで肌診断ができることも。その場合、エステの必要性をたっぷり聞くことになり、フェイシャルエステの次の予約をせまられることになります。

どのチェック方法を選ぶかは、あなたの自由ですが、定期的にチェックできる方法を選ぶといいですよ。

見た目だけにこだわるならば、数ヶ月おきに自分の顔の写真を撮って、見比べる方法もありますよ。

肌年齢を若返らせるためにできること

しみ・そばかす対策にもつながるのですが、肌年齢を若返らせるためには、日々のちょっとした積み重ねが必要です。具体的な方法を紹介するので参考にしてみてくださいね。

紫外線対策

夏に限らず、紫外線を長時間浴びないように心がけましょう。帽子やサングラス、日傘など、紫外線をブロックするアイテムを活用するのがベスト。

できるなら、日焼け止めの使用は最小限に。日焼け止めは紫外線をカットしてくれるのですが、肌への刺激が強く、洗い流すときも肌にダメージを与えることがあるからです。

外にいる時間が短く、天気が雨でうす暗い日ならば、クリームなどの塗るタイプの日焼け止めではなく、パウダータイプでも十分に紫外線を防いでくれます。

しみ・そばかすのケアをしたいならば、少しでも肌に優しい紫外線対策をしたいですね。

ビタミンを積極的に

肌を若返らせるには、ビタミンを含んだ食物を積極的にとることが大事です。

しみを予防するビタミンC。これを取り入れられるのは、ピーマン、ブロッコリー、イチゴ、レモン、アセロラなど。

血流をよくしてくれるビタミンE。アーモンドや大豆、ごま油やかぼちゃから取ることができます。

肌のターンオーバーを整えてくれるビタミンA。これを摂取できる食材は、にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、バターなどです。

 

コーヒーなどに含まれているカフェインには、せっかく取り入れたビタミンを排出してしまう作用があるので、控えめにしましょう。また、ファーストフードの脂っこい食べ物や冷たい飲み物も肌によくない影響を与えるので、口にする回数を減らすと理想の肌質へグッと近づきます。

肌への刺激は最小限に

紫外線対策のところでも書きましたが、肌への刺激はなるべく少ない方がいいです。

かゆいからポリポリかくのも、髪の毛がチクチク触れるのも、洗顔後にゴシゴシとタオルで顔をふくのも、肌にとっては刺激になります。

化粧水や乳液、美容液、クリームと何回も塗り重ねるのは、じつは肌に負担をかける行為でもあったのです。

肌への刺激を減らすことで、しみの原因を少しでも無くすことを意識してみてくださいね。

睡眠は質の高さを求める

肌は、わたしたちが寝ている間にダメージを修復しようと頑張ります。しかも、単に長く眠ればいいのではなく、質の高い睡眠を求めています。

22時〜2時の間には寝ているのがいい、とよく聞きますが、大切なのは眠りはじめてから3時間、ぐっすり深く眠れるかです。

そのためには、寝る直前の食事や入浴は控える、布団の中でテレビやスマホの光を見ないなどの工夫が必要です。

やらなくてもいいことはやらない

出典:Photo AC

しみ・そばかすを消すためにできることをいくつか紹介しましたが、すぐに全部やった方がいいとは言いません。

しみ・そばかすの対策をするとしても、そればかりを中心とした生活をおくるわけにはいきませんからね。むしろ、一気にアレコレはじめてしまうと、必ずといっていいほど挫折して、何もやらなくなってしまいます。

はじめるなら、続けられるような小さいことから。

例えば、今回しみ・そばかすに効くシンプルケアとして紹介した、薬用Wオールインワンジェル「ピュアメイジング」だけを続けることからはじめてもいいのです。スキンケアならば、これまでも毎日やっているでしょうから継続するのは難しくありませんよね。

やれないことは、やらなくてもいいんです。

そのかわり、できることをコツコツ積み重ねること。それだけで、あなたの肌は良い方へと生まれ変わるでしょう。

 

 

肌年齢を若返らせるための習慣をつくりたいあなたには、こちらの記事が役に立つはずです。

ご褒美感覚でニキビ跡のケア!肌も心も満たされる自分時間をつくる

 

しみ・そばかすに悩むばかりの状態から抜け出して、少しでもあなたの理想の肌に近づけることを祈っています。


この記事を書いた人
飛花くるみ
子どもふたりを育てるママ。
美容関係の書籍をこれまでに100冊以上読んで、美についての知識を蓄えている。最近は主婦向け雑誌も定期的に読んで研究中。