結婚をすると、次に「子どもは?」とプレッシャーをかけられた経験はございませんか?

おちついてから…と言いながら、なかなか妊娠の兆候がないまま月日が過ぎていく夫婦も多いかと思います。

妊娠はデリケートな問題かつ経済状況や家庭環境、職場での立場などいろいろな要素がからんでくるので、夫婦といえど触れにくい話題の一つになりがちです。

アラサーになると、なかなか子どもを授からない夫婦や、不妊治療に取り組んでいる夫婦の話を驚くほどよく聞くようになりました。

不妊とは一般的に、避妊をしていないのに、12ヶ月以上子供が出来ない状態とされています。

女性の間では高齢出産のリスクや体の不調などがよく話題に上り、不安で産婦人科に通っている人も多くいらっしゃいます。

では、男性はどうなのでしょうか。

今回は男性の不妊に関してと、日常生活の中で取り入れやすい不妊対策を数多くまとめました。

不妊の理由は男女50%づつ

不妊の理由はさまざまですが、不妊の原因が男女で50%づつということはご存知でしょうか?

WHOが、7273カップルを対象に行った不妊症の原因に関する調査では、男性原因のみ24%、男女に原因あり24%、女性原因のみ41%、原因不明11%で、約半数のケースに男性不妊が関わっていることが示されている。日本でも近年、不妊治療への関心が高まる中、男性不妊にも、ようやくスポットライトがあたり始めた。
出典:東洋経済ONLINE/プロが語る、男性不妊の「傾向」と「対策」

「不妊は女性のもの」だと勘違いしている男性がいまだに多いかと思いますが、不妊の理由は男女半々です。

デリケートな問題ゆえに、パートナーにも一緒に病院に行ってほしいと言えない女性が多いのが現実です。

現代は食生活や生活リズムの乱れ、ストレスにより、男性の身体にも大きく負担がかかっています。

また、あまり知られていませんが、精子も卵子と同様35歳から劣化がはじまります。

女性同様、不妊のリスクと、自分の身体を知ることで、妊娠の可能性を上げることができるとしたら…

男性も不妊に対してできることが増えると夫婦間での悩みが一つ減るきっかけになるのではないでしょうか。

男性の抱える不妊の原因と病気


出典:メンズボクサーパンツ KOBI-ONE コビワン

男性側に問題がある場合、原因は大きく2つに分けられます。

精子や精巣に問題がある場合と、セックスに支障がある場合です。

それぞれ治療方法が違います。

では、男性の不妊の原因にはどんなものがあるのでしょうか。

不妊の原因の約70~90%は精子の製造機能障害(精子形成障害)

男性不妊のほとんどがこの造精機能障害に当てはまります。

染色体異常や無精子症など病名や原因がはっきりしているものもありますが、製造機能障害の50%~60%は特発性造精機能障害とされ原因がつかめていません。

遺伝子などの先天性の症状のほかに、おたふく風邪など、高熱による男性器の温まり過ぎや、抗がん剤、放射線照射などから造精機能障害が起こることもあります。

精子や精巣、通路などに問題のある症状とは

不妊の主な原因は上記で説明した、精子の製造機能にある問題です。

では、具体的にはどういったものがあるのでしょうか。

精子妊孕性障害(精子無力症)⇒精子の働きが弱く、性交時に精子が卵子まで移動することができない。

乏精子症⇒精子が少ない状態(精子の数が1㎖中1500万個以下)。

無精子症⇒精子が見つからない(通路が塞がれている閉塞性と、精子が作られていない非閉塞性の2種類。精液が出るので気づかない場合も)。

精子無力症⇒精液に含まれるの精子の運動率が約30%以下と低い。

精子死滅症⇒射精した精液中の精子が死んでいる(精子が生きて動いている場合は、精子不動症)。

逆行性射精⇒精液が膀胱側に射精される病気。

一部をご紹介しましたが、先天性のものや、発熱や炎症による障害も多く見受けられます。

精神的なストレスなどのほかに生活習慣などが影響している場合も多々あるようです。

不妊治療を行なっている病院であれば、精液検査は産婦人科、泌尿器科のどちらでも検査・治療が可能です。

おたふく風邪や性感染症による不妊

持って生まれたもの以外で不妊になることもあります。

性病を十分に治療しないでいた場合に不妊症になりやすいのです。そのほか、例えばおたふく風邪に感染したとき、高熱で睾丸炎を一緒に起こしたような場合や、本人が気づかないでいる症状の軽い慢性尿道炎や、生殖器の外傷によるものがあります。
出典:あなたの不妊の悩みに答えるQ&A 本間由美子 保健同人社2004年 P113

性病や性器に違和感がある場合はすぐに病院に行ってきちんと治療しておくことが大切です。

セックスに支障のある症状

射精障害⇒ちつ内射精ができない、早漏・遅漏、セックスのときのみ射精ができない。

勃起不全⇒病気や精神的な問題(ストレス・飲酒・喫煙・肥満・糖尿病・薬の影響等)で、射精が難しくなる。

精神的なストレスや、服用している薬、生活習慣などでも不妊の原因になることが分かります。

では、男性は不妊対策としてどういうことに気を付けていったらよいでしょうか。

日常生活でできる男性不妊対策15つ

男性が日常でできること、また、夫に言いにくい奥様が生活の中で取り入れやすい不妊対策とはどんなものがあるでしょうか。

今回は日常生活の中で取り入れやすい食生活の改善や、下着の変更などを含めた不妊の予防になるとされる対策を数多く集めました。

①長湯・サウナは避ける

人の精子は熱に弱く、継続して熱せられることによりダメージを受けます。

好きな方も多いと思いますが、生殖器にはよくないということを頭に入れておきましょう。

②ノートパソコンは膝の上において使用しない

パソコンの熱を発する部分が丁度男性器の周辺となります。

長時間高温の機器を使用することで負担をかけます。
パソコンは机の上でお使いください。

③熱を溜めない下着を利用する

ボクサーパンツ<トランクス<ふんどし<ノーパン

が良いとされるほど、男性器に熱をためないことが大切とされています。

とはいえ会社にノーパンではいけません。

男性には下着にこだわりのある人もいるのでタイプを変えるのも難しいですよね。

最近はムレを解消し、熱を逃がすタイプのオシャレなボクサーパンツ(日本製)もあるのでこちら

メンズボクサーパンツ KOBI-ONE コビワン

などおすすめです。

出典:メンズボクサーパンツ KOBI-ONE コビワン

④バランスのいい食生活を意識する

「精がつく」と言われる食材は、山芋、すっぽん、うなぎ、生ガキなどたくさんありますが、精子がすごく増えるというわけではないそうです。

実は不妊に関して「コレ!」という食材を意識するよりも、カロリーを取りすぎず、バランスの良い食事を心がけ、健康の底上げを図る方が良いのだそうです。

それでも日常の中に精子に関して少しでも良いものを取り入れたい場合は、ビタミンB群や亜鉛などのミネラルが豊富な食物を取り入れると良いでしょう。

特に亜鉛は生殖器の機能向上や精子の活動を活発にする働きがあるとされています(※海藻類のワカメや、牡蠣・数の子・小魚に多く含まれる)。

また、それより意識してほしいものが、精子の劣化防止のための抗酸化作用を含むものです

期待できるとされるビタミンA・C・EやコエンザイムQ10、ポリフェノール類が豊富な食材を取り入れるのがおすすめです。

⑤ファーストフード店、コンビニ、添加物を避ける

食品添加物多めの食生活、コレステロールの高いファーストフード・コンビニ食品は健康体の敵です。

便利で安価な添加物や人工甘味料が体に与える影響はあまり知られていませんが、中には不妊を助長するものもあります。

コンビニなどで食事を手軽に済ませることが多い方は食生活を改めましょう。

⑥体を冷やさない

男女共に冷えはホルモンバランスを崩す原因になり男性の場合、精子に異常が出る可能性もあると言われています。

⑦睡眠をしっかりとる

妊活する中ではできるだけ夫婦の体調を整えておくことが求められます。

最低でも6~8時間は睡眠時間を確保しましょう。

男性が睡眠を十分にとれていない状態で精液検査を行うと、一時的に精子の数が減少する傾向にあるのだそうです。

⑧適度な運動

身体のためにも、生殖器の機能や精子のためにも運動はすればするほどいい習慣の一つです。

ジョギングやアウトドアスポーツ、ウエイトリフティングなどの運動を定期的にしている人は、精子にも好影響があり、精子のデータもよくなるという内容でした。つまり、運動すればするほど、精子の量も増え、濃度が濃くなるというのです。
運動はカロリーストリクションの面でも、肥満解消にも効果的ですし、男性ホルモンの分泌も高めるので、体にいいことは間違いありません。

出典:婚活カップルのためのオトコ学 小堀善友 Medical Tribune 2014 P56、57

健康体のためにも趣味の一つとしてはじめてみてはいかがでしょうか。

⑨自転車に長時間乗らない

運動の中で一つだけ妊活中の男性にNGなものがあります。

たったひとつ、精子のデータに悪影響を及ぼす運動があるというのです。それが自転車。自転車だけは、乗れば乗るほど精子の量が減るというのです。

出典:婚活カップルのためのオトコ学 小堀善友 Medical Tribune 2014 P57

趣味で自転車が好きな方も、妊活中はお休みすることをおすすめします。

⑩タバコをやめる

タバコが不妊の原因ともなりうることはご存知でしょうか。

タバコの活性酸素は精子そのものを減らしたり、DNAに損傷を与えるなど、酸化ストレスの悪影響を総取りになってしまいます。運よく受精して妊娠しても、うまく育たずに流産する可能性も高くなりますし、血流を悪くするため勃起障害(ED)の原因にもなります。

出典:婚活カップルのためのオトコ学 小堀善友 Medical Tribune 2014 P55

流産の原因にタバコが関係あるのは驚きです。

そして何より妊婦にたばこの煙は禁物です。

子どもを望むなら、一度禁煙外来に頼ってみるのはどうでしょうか。

⑪お酒を飲みすぎない

アルコールは適量であれば問題ないとされています。

ただ、量が多い方は飲酒が喫煙に続いて男性不妊の大敵となっている可能性があります。

アルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドという物質が精巣内に増えることで増精機能が下がるのです。

ある研究結果によれば、ビールを週に5杯以上飲むと精子が劣化することが証明されたそうです。

酒量の多い男性は、お酒の量を減らすことも立派な対策の一つとなります。

⑫携帯電話は腰ポケットに入れない

携帯電話を持つ場所でも身体への影響が考えられます。

文明の利器で精子に悪影響を及ぼすと言われているのが、電磁波です。携帯電話やパソコンから発する電磁波がよくないという論文を発表した人もいました。

電磁波自体がまだ歴史も浅く、人体への影響がきちんと検証されていないこともありますし、発表された論文もその内容すべてを信用できるかどうかは分かりません。とはいえ、君子危うきに近寄らず、です。

特に携帯電話なは腰ポケットなどに入れておくと、長時間生殖器付近にさらすことになります。ノートパソコンひざ置きも同様です。

IT機器は下半身から遠ざけておくほうが精子のため、と言えるでしょう。

出典:婚活カップルのためのオトコ学 小堀善友 Medical Tribune 2014 P49

習慣を変えるだけですぐにできるので、携帯電話の持ち方を変えてみるのも対策の一つです。

⑬漢方を飲む

漢方は肉体疲労・血色不良・滋養強壮の効果もあるとされ、体の機能を整えるのに効果的とされています。

合う合わないもありますが、一度ためしてみてもよいですね。

⑭サプリメントの摂取

不妊の男性用に効果的なサプリには2種類あります。

ひとつめは精子や体調を整えるのによいサプリ。

お勧めなのが、妊娠中の女性が多く取るサプリ、葉酸です。

こちらを摂取することで精子の分裂に影響し、DNA細胞を活性化させる働きがあります。
あまり知られていませんが、妊活中の男性には是非取ってほしい栄養素のひとつです。

ふたつめは、男性機能を高めるされるサプリで、不妊の大きな原因のひとつ、セックスレスへの効果が期待できます。

⑮夫婦でプレッシャーをかけすぎない

不妊や精子、卵子の老化に焦る気持ちもあり、不妊治療では効率を重視した管理などで男性にプレッシャーを与えてしまうこともあります。

基本的な食生活、熱を逃がすのに効果的な下着の使用など、生活に取り入れることができることはたくさんあります。
夫婦で歩み寄り、お互いにストレスを減らすよう、思いやりあうことが望ましいですね。

出典:メンズボクサーパンツ KOBI-ONE コビワン

いろいろとご紹介しましたが、精液検査の結果によっては手術が必要な場合がございます。

生活習慣のみでの不妊改善が難しい場合もあるので、一度医療機関へ出向き、検査をしてみることが大事です。

パートナーと一度一緒に検査を

不妊期間が長い夫婦でも病院に行くのが女性だけというケースがまだまだ多いのが現状です。

「夫が原因かも」と、思っていても、奥様はなかなか口に出せないのです。

精子も卵子と同じように35歳から劣化を始めます
検査は早いに越したことはありません。

言いにくいことではありますが、数年後後悔しないためにも、

「不安だから一緒に病院に来てほしい。ついでに一緒に検査を受けておきましょう」

とパートナーに声をかけてみてはどうでしょうか。

卵子や精子の老化が進むほど、体外受精や顕微授精を行なっても妊娠しにくくなります。

赤ちゃんを望む場合は、夫婦で早めに精液検査を受けたり、泌尿器科を受診することが望ましいんです。

日常に取り入れやすい下着を変えるという不妊対策

出典:メンズボクサーパンツ KOBI-ONE コビワン

色々とお伝えしてきましたが、「病院に夫婦で一緒に行くこと」以外では、

●食生活、睡眠時間の見直し

●熱のこもらない下着に変えること

が日常ですぐに取り組める不妊対策になります。

特に下着の変更は、買い換えるだけで不妊対策になるので、夫に言い出せない奥様方におすすめです。

こちらは一度使ってみるとムレずに快適に過ごせるので気に入ってくれる男性が多くいらっしゃいます。

クリスマスや誕生日、バレンタインなどに一度送ってみてはいかがでしょうか。

オシャレで不妊対策に◎なメンズボクサーパンツ KOBI-ONE コビワン

すぐに全部変えたい人向けに、一週間分柄が違う使いやすいセットもございます。


出典:メンズボクサーパンツ KOBI-ONE コビワン

 

男性不妊への悩みのタネとストレスを減らす

原因が明確にならないと、人は次の手が打てません。

また、いらぬ不安を抱きがちになってしまいます。

まずは夫婦で病院にいき、具体的な処置や取り組みと共に、日常でできることからはじめていきませんか?

不妊に関してはまだまだわからないこともありますが、男性不妊に関する対策は、意外と日常の中で気にすることができるものが多いです。

本人と奥様の協力で、男性不妊の基礎的な対策はすぐにでも始めることができます。

男性不妊に対する広い理解と、お互いが健やかに過ごせる夫婦生活のヒントとなれば幸いです。


この記事を書いた人
【ライター】ミズキ

【プロフィール】
アラサー主婦。
結婚が遅く、不妊に関して調べるうちに知らなかったリスクが多すぎて驚く。
現在は妊娠に向けて旦那さまと規則正しい日常生活をこころがけています。