出典:Photo AC

大人ニキビとは、思春期を過ぎた大人の肌に現れるものです。しかも、治ったと思って油断していたらすぐに再発してしまう、とても厄介なニキビなのです。

ニキビができたり治ったりを繰り返すのは、肌にとっては負担になります。

間違ったケアを続けることも、大人ニキビを悪化させてしまう一因に。

ここでは、大人ニキビの原因を専門的に説明するのではなく、どうしたら大人ニキビと上手にバイバイできるのかに焦点を当てていきます。

分かりやすくお伝えするために、大人ニキビに悩む3人の女性たちのストーリーをご紹介。ストーリーを読み進める中で、あなたの生活を思い出しながらイメージトレーニングをすると、より効果的ですよ。
さて、この中で、あなたに近いのは誰でしょうか?

  1. 仕事で忙しいA美さん(20代)
  2. 子育てママとして忙しいB奈さん(30代)
  3. 多趣味で人付き合いが多いC子さん(40代)

では、それぞれの生活をちょっとのぞいてみましょう。

 

仕事で忙しいA美さん(20代)

出典:Photo AC

A美さんの悩みは、仕事で残業が多く家でリラックスする時間がなかなか取れないこと。そして、自分の肌に自信が持てないこと。

エステへ行ったり、ヨガ教室に通って自分磨きをしたいのに。いつもそう考えては、ため息をついています。

アゴに大人ニキビが!

ある日の朝、メイクをする際にアゴのあたりにニキビを発見。

「また大人ニキビができてる!!」

この間ニキビが治ったと喜んだばかりのA美さん。でも、また同じような位置に白ニキビがプツプツと顔を出しています。

「白ニキビとは、えーっと、皮脂や角質が詰まったもの、か。へーそうなんだ」

大人ニキビについて、以前調べたことがあるA美さん。自分の肌にできているのは白ニキビだ、と分かった時点で満足してしまっていました。それを反省して今回は、ネットで白ニキビについて詳しく検索。得た情報をもとに、対策を考えます。

「じゃあ皮脂や角質がつまらないように、たくさん洗顔すればいいんじゃない!?」

さらに夜遅くまでやっているドラッグストアへ駆け込み、大人ニキビに効きそうな化粧水や美容液をたくさん買い込みました。

白ニキビ対策のつもりが

朝に洗顔を1回、寝る前にメイクを落としてから洗顔を1回を続け、顔の汚れをゴシゴシとこするように洗い流していたA美さん。ズラリと並んだ化粧水や美容液も、たくさん叩き込むように肌につけました。ただでさえ少ない睡眠時間を削って、美容のために、とにかくがんばりました。

「なんか前よりニキビが増えた気がする。なんで〜?」

しばらくたったある朝のこと。
鏡を見たA美さんはイライラしながら声をあげました。大人ニキビが治るどころか、さらに悪化してしまった様子。心なしか肌もカサカサ乾燥気味です。

「どーすればいいのよ!!」

時短美容に目覚める

ある休日。ふとんに潜りながらSNSを見ていたA美さんは、ある記事が目に入りました。

「この人がオススメしてるやつ、良さそうかも」

薬用Wオールインワンジェル「ピュアメイジング」との出会いでした。

紹介ページを見てみると、大人ニキビについて詳しく解説してあります。

「やばい。大人ニキビはシミの原因になるんだ。やばいよ」

焦るA美さん。けれどもピュアメイジングの使い方のところを見て、パッと顔を輝かせました。

「たった30秒だけでいいんだ!」

手になじませて、顔にやさしくのせて、手のひらを軽く押し当てるだけの3ステップ。しかも、入浴中に簡単パックもできるとのこと。

朝も夜も、少しでも長く睡眠時間を確保したいA美さんは、迷わずピュアメイジングを試すことを決めました。

社内の後輩に褒められた

ピュアメイジングを使いはじめて、朝晩の肌ケア時間がグッと少なくなったA美さん。洗顔時にゴシゴシ顔をこするのもやめて、やさしく触れるようにしました。それを続けるうちに、頑張っているつもりはなくとも、大人ニキビの数は減っていました。

仕事の量や残業が多いのは変わりませんが、以前よりイライラしなくなっています。

ピュアメイジングのホームページに書いてあったことに気を付けたら、体調も少しいいみたい」

大人ニキビのケアをするには、睡眠時間をちゃんととること、バランスのよい食事をとることが大切だと書かれていました。生活習慣を見直したことで、A美さんの肌は以前のような大人ニキビだらけ、乾燥してカサカサな状態からバイバイできたのでした。

最近、社内の後輩から肌がキレイなことを褒められたA美さん。

「ふふふ。この間までは大人ニキビに悩んでいたのにね」

忙しくても、さっと肌ケアができるピュアメイジングを使い続けて、今度は単に大人ニキビのない状態ではなく、本格的な美肌を目指そうと意気込むA美さんなのでした。

 

子育てママとして頑張るB奈さん(30代)

出典:Photo AC

B奈さんは、4歳と2歳の男の子ふたりのママです。夫は仕事で帰宅が遅いため、B奈さんは朝から晩まで家事と育児で、あっという間に1日が過ぎ去ります。

上の子が通う幼稚園で出会うキレイなママたちを見ては、ため息をつく日々。時間があれば、もう少しは肌ケアとかできるのに。自分時間が欲しいな、と常に考えています。

フェイスラインに多数のニキビ

日頃から鏡を見る時間が少なかったB奈さん。目にゴミが入ったので、手鏡で自分の顔をまじまじと見た際に、フェイスラインにニキビが多数あるのを発見。

「えっ!こんなにニキビができてたなんて!」

スキンケアはやっているつもりでしたが、子どもたちの相手をしていて、やり逃してしまうことも。

「ちゃんと肌のお手入れをする時間が無いんだもん。仕方ないよね」

そこへ子どもたちのケンカする声が聞こえてきたので、B奈さんはニキビのことなどなかったかのように、いつもの日常へと戻っていきました。

メイクテクでニキビをカバーするも

仕方ないとは思ったものの、モヤモヤが消えないB奈さん。ある日、主婦向け雑誌をパラパラめくっていたときに、ある特集が目に入りました。大人ニキビをメイクテクでカバーする方法です。

「大人ニキビは見えなくすればいいのね!」

ファンデーションやコンシーラーを駆使して大人ニキビを隠すメイクをやってみたところ、まぁまぁの出来でした。

ニキビを隠すメイクを続けていたB奈さんでしたが、ある時、隠すべきニキビが悪化していることに気付きました。触ると痛みを感じるようになったのです。

「ニキビが治らなかったらどうなるの!?」

ママ友が実践していたニキビケア

B奈さんは、子どもたちと公園へ遊びに行った際に会った親しいママ友に、大人ニキビの悩みについて打ち明けました。

「ええっ!このまま放っておいたらニキビあとになって顔がデコボコになるの? しかもシミの原因にもなるなんて!」

ママ友から大人ニキビの行く末を聞いて、ショックを受けたB奈さん。ニキビを治す方が先だということに気付きました。ふとママ友の肌をみると、彼女の肌はニキビもなくキレイです。

「ねぇ、今どんな化粧品使ってるの?」

ママ友が使っていたのは、薬用Wオールインワンジェル「ピュアメイジング」でした。

「オールインワンってよく見かけるけど、これは大人ニキビもシミ対策もコレひとつでいいんだ!」

B奈さんは、オールインワンジェルだからスキンケアに時間もかからないし、まるで自分のために存在するみたい、と嬉しくなりピュアメイジングを使ってみることを決めました。

子どもたちのひと言が励みに

子どもたちになるべく安全なものを食べさせたい、と食品添加物などを気にするようになっていたB奈さん。ピュアメイジングが石油系界面活性剤や着色料、鉱物油、パラベン、エタノールが入っていない無添加だという点にも満足している様子。

それに、ピュアメイジングはスキンケアが時短で済むので、やり逃すことがほとんどなくなりました。毎日ちゃんと肌をケアできている、という自信がB奈さんの気持ちを明るくしていました。

「この前上の子に、笑顔が増えたねって言われちゃった」

ピュアメイジングを教えてくれたママ友に、ニコニコと報告するB奈さん。笑顔で家事や育児をしていくためにも、自分の肌ケアを続けていこうと決心したのでした。

 

多趣味で人付き合いが多いC子さん(40代)

出典:Photo AC

C子さんは、フラワーアレンジメント教室やコーヒースクールに通ったり、友人とランチや飲み会をするのが好き。毎日のように誰かと会話をするのを楽しみにしています。

人と会うことが当たり前なため、身なりには気をつけています。ノーメイクで外出するなんてありえない、と考えています。

ほっぺに大きな大人ニキビ

ある朝、ほっぺに違和感を覚えたC子さんは、鏡をのぞいてビックリ。

「こんなに大きなニキビができるなんて!」

目立つ位置に大人ニキビがポツポツとできています。近ごろ飲み会が重なっていて、アルコールを取りすぎたり、メイクを落としきらずに寝たことが原因なのかも、とC子さんは考えました。

「どうしよう。この年齢でこんな大きなニキビがあるなんて。人前に出られないじゃない」

一時的にマスクでニキビ隠し

その日は、フラワーアレンジメント教室がある日。お休みする選択肢はC子さんにはありません。

とりあえずマスクをつけて参加したものの、大人ニキビのところがこすれて、かゆくて仕方がありません。教室の仲間には、風邪を引いたとウソをつかねばならず、いつもより楽しめなかった様子。

お手洗いでメイク直しをする際も、誰かが来ないかドキドキしながらなので、なんとも落ち着きません。

「ニキビにこんなに振り回されるなんて、思ってもみなかったわ」

教室の仲間にランチにも誘われましたが、ほっぺにある大きなニキビを見られるのは恥ずかしいという気持ちから、断るC子さん。

ニキビさえ消えてくれれば。そればかり考えてしまうのでした。

ニキビのせいでお誘いを断るのはもう限界

ひとりランチや飲み会を断ることが続いたC子さん。このままだと、誰にも誘われなくなるんじゃないかという恐怖がつのってきました。けれど、ニキビは完全に治ったとはいえない状態です。

「どうして大人ニキビって、こんなにしつこいのかしら」

そんな時、近所に住むC子さんのお姉さんが訪ねてきました。旅行へ行ったお土産を渡しに来たとのこと。話し相手が欲しかったC子さんは、大人ニキビの悩みなどをしゃべりだしました。

話を聞いたお姉さんは、自分が使っている薬用Wオールインワンジェル「ピュアメイジング」を勧めてくれました。

「これなら時短で肌ケアできる上に、アンチエイジングにも効果ありそうね」

これがきっかけで、C子さんはピュアメイジングを使いはじめました。

充実した毎日のために

朝晩のお手入れがとても楽になったとご機嫌のC子さん。手になじませて、顔にやさしくのせて、手のひらを軽く押し当てるだけ、たった30秒で終わります。

「時短ケアなのに、お肌の調子がいいみたい!」

ピュアメイジングのうすい紫色のジェルも、なんだか高級感があると感じて気に入っているC子さん。使う度にリッチな気分になるのでした。

また、C子さんがピュアメイジングに決めた理由は、お姉さんに勧められたからだけではありませんでした。ピュアメイジングのページにあった使用者の方たちの明るい表情を見て、決心が固まったのです。

「この前みたいにニキビを気にしてやりたいことを我慢するなんて、もう嫌!」

あのピュアメイジングを使っている彼女たちみたいに、肌悩みから解放されて、充実した日々を過ごすんだ、と改めて心に誓ったC子さんなのでした。

 

おわりに

大人ニキビができると、本当にショックですよね。鏡を見るたびニキビばかり気にしてしまったり、外に出て人と会うのに気後れしてしまうこともありますよね。

そんなモヤモヤした状態から抜け出す手助けとなるよう、3人の女性のストーリーをご紹介いたしました。

大人ニキビからバイバイできるイメージはできたでしょうか?

毎日の忙しさに負けずに、あなたが大人ニキビからうまくバイバイできることを願っています。


この記事を書いた人
飛花くるみ
子どもふたりを育てるママ。
美容関係の書籍をこれまでに100冊以上読んで、美についての知識を蓄えている。最近は主婦向け雑誌も定期的に読んで研究中。