出典:Photo AC

いつもスキンケアを頑張っているのに、ニキビ跡ができて悩んでいませんか?

ニキビ跡のケアをやらなくちゃという義務感や、早く治したい焦りで頭がいっぱいになっていませんか?

すでにできてしまったニキビ跡のことばかり考えていても、何も進みません。
大切なのは、ニキビ跡から解放されて、明るく笑っているあなた自身の姿を思い描くこと

そのためにどんなことをやるべきか、一緒に考えていきましょう。

どうしよう!顔にニキビ跡!

やっとニキビが治った!と喜んだところだったのに、

「ニキビができてたところが赤くなって残ってる!」
「なんだか茶色っぽいシミに変わってる!?」
「肌がデコボコになっちゃった〜!どうして〜!?」

そんな状態になって嘆いているあなた。
それ、ニキビ跡になっている可能性大です。

ニキビ跡は見た目も良くないし、メイクでカバーするのが難しいことも。なるべく早くなんとかしたいですよね。

ニキビ跡ができたのはなぜ?

ニキビが跡になって残ってしまう原因は、

  • ターンオーバーの乱れ
  • ニキビを潰したり引っ掻いた
  • ニキビケアを間違えた

だいたいこの3つのことが多いです。

思い当たるところはあるでしょうか?

どうしてニキビ跡になっちゃったんだろう、と鏡を見ながらため息をついてみたり、もやもや悩んで原因を追求するのもいいですが、大切なのは、これからどうすべきか、ですよね。

ニキビ跡ができても焦らないで

ニキビ跡を改善するためには、少し時間が必要です。これを試したら明日には治る、といった魔法のアイテムは今のところ存在しないのです。
ただ、時間をかければニキビ跡をなくしたり、薄くしていくことはできます。

とはいっても、あなたの今のままの生活習慣を続けてるだけで、ニキビ跡がなくなるわけではありませんよ。

また、焦ってあれもこれも、といろんな方法に手を出すのも考えもの。あなた自身が疲れてしまいますし、どの方法が自分に合っていたのか分からなくなりますからね。

ベストなのは、ニキビ跡に効果のある方法を少しずつでいいので続けること。すぐに大きな変化は見られないかもしれませんが、肌に負担なくケアするには、日々のちょこっとずつの積み重ねが必要なのです。

自分時間をとることがニキビ跡のケアには必要

出典:Photo AC

困ったニキビ跡。
ずっと肌に残ってたらどうしよう、なんてコワイ想像をしてしまいますよね。

この状態から脱出するために必要なのは、意識して自分のための時間をとることです。
何時間も確保しなくても大丈夫。
数分ほどでもいいのでスキマ時間を見つけて、自分時間にしてしまえばいいのです

自分時間=自分を大切にする時間

毎日、やることがたくさんあるのは、よく分かります。
仕事をしている方ならば、期限のある業務やタスクに追われているかもしれませんね。
家事や子育てに取り組んでいる方は、終わりのない作業に明け暮れていることでしょう。
他にも、資格試験のために勉強している、身内の介護をしなければならないなど、自分のため以外の用事にどんどん時間を取られているという感覚でいる方は多いと思います。

「こんなに忙しいから、自分時間なんて無理!!」

本当にそうでしょうか?

例えば、寝る間の5分間。ゆっくりと温かい飲み物を口にする。これだけでも充分、自分時間です。

あなたの気持ちが落ち着いて、ホッとする時間が過ごせたら、それは自分時間。
つまり、自分を大切にしている瞬間をもてるのなら時間の長さは関係ない、ということです。

ストレスを軽くする

自分時間を意識して持つようになれば、それはストレス発散につながります。

他人に振り回されている、思い通りにいかないと感じると、ストレスがかかりやすくなります。その状態から、少し自分を解放することをイメージしてみてください。

自分時間をつくって何をするのかは、あなたの自由。なるべく好きなこと、リラックスできることをしてみて。
スキンケアをしなくちゃ、なんてこだわる必要はありませんよ。

身体に負担を与えているストレスが少しでも軽くなれば、それはニキビ跡をケアすることにつながります。

心が満たされれば肌も整う

心と身体はつながっています。

イヤなことがあってモヤモヤしているときは、暴飲暴食を止められなかったり、睡眠時間を削ってゲームにのめり込んでしまったりと、身体に良くないことをやってしまいがち。

逆に気分がいいときは、軽く運動してみようかな、とか、栄養バランスの整った食事にしようと思えるはず。
心を満たすことを意識していれば、勝手に肌に良いことをやろうという意欲がわいてくるのです

ニキビ跡から解放されるために、まずは自分時間をちゃんと確保して、心を満たすことからはじめてみませんか?

ニキビ跡で悩んだらコレ

出典:Photo AC

ニキビ跡で悩んでいるあなたにやってもらいたいのが、自分時間の一部を使って肌ケアをすること。

それも、贅沢な美容成分が入っているものを、ご褒美感覚で使ってほしいのです。

ニキビ跡に効くアイテムは数多くありますが、美容成分の贅沢さからいえば、

【薬用Wオールインワンジェル「ピュアメイジング」】

がオススメ。

いつも頑張っている自分のためのご褒美にするなら、やっぱり美容成分たっぷりなのがいいですもんね!
それに、オールインワンジェルなので、1回のスキンケア時間は約30秒ほどで済みます。

注目!ニキビ跡に効く美容成分

薬用Wオールインワンジェル「ピュアメイジング」に配合されている美容成分について具体的にみていきましょう。

紫根エキス

紫根エキスとは、ムラサキ草の根っこから取り出されたもの。
血行を促進する効果が高く、肌のターンオーバーを正常へと導くことで知られています。
つまり、肌の調子を整えるのにとっても有効な成分です。ニキビ跡を改善するのにぴったりの成分ですね。
また、美白になる効果もみられるとか。
昔から、やけどやニキビ、吹き出物の発疹を治すための皮膚科の薬としても用いられてきた実績もあり。

アラントイン

傷を治すのを助ける働きをもっているのがアラントイン。肌荒れの予防にも役立つ美容成分です。
ニキビ跡となってダメージを受けている肌をより早く修復するのに役立ちます。

プラセンタ

美容成分として有名なので、よく知っているという方も多いのでは。
サプリメントとして摂取するケースもあります。
美白や保湿効果があり、アンチエイジングに有効。また、ホルモンバランスを整える効果もあります。
ニキビ跡以外にも、シミやシワを防いでくれる、とても頼もしい成分ですね。

カモミラエキス

カモミールの花から抽出された、美白、保湿効果の高いエキスです。
肌にやさしいことでも知られており、シミやそばかすのケアにもよく用いられています。
カモミールはリラックス効果のあるハーブティーとしても人気ですよね。

スクワラン

天然の保湿剤とも呼ばれているスクワラン。肌なじみがよいのが特徴のひとつ。
スクワランオイルとして単体でもよく見かけますよね。
肌につける以外にも、ヘアケアとしても使われている美容成分です

アーティチョーク葉エキス

美肌によいハーブとして、古くから使われてきたアーティチョークの葉。
西洋野菜として見たことがある人もいるのでは。
弾力のある肌、白い肌へと導く効果のほか、毛穴ケアにも有効だといわれています。

プルーンエキス

食べても美味しいプルーン。
肌に対しては、美白効果が期待できます。
たとえ紫外線を浴びてメラニンができたとしても、肌が黒くなるのをおさえてくれる働きをします。

これ以外にも、うるおい成分としてメジャーなコラーゲン、ヒアルロン酸のほか、8種類もの美白、保湿に効く天然植物のエキスが含まれています。
ひとつひとつ見ていくだけでも、ステキな効果ばかりなのに、それがぎゅぎゅっとひとつのオールインワンジェルになっているのですから、とっても贅沢な気分にひたれますよね

厚生労働省も認めている効果効能

厚生労働省とは、国民の生活が良くなるように、トラブルが減るようにと努めているところ。

厚生労働省について

リンク先:厚生労働省ホームページ

ピュアメイジングが、そのような国民のための機関である厚生労働省から認められているのは、11もの効果効能です。

  1. 皮膚の乾燥を防ぐ
  2. メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ
  3. 肌あれ
  4. あれ性
  5. 日焼け・雪やけ後のほてりを防ぐ
  6. あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ
  7. 肌をひきしめる
  8. 肌を整える
  9. 皮膚を保護する
  10. 皮膚をすこやかに保つ
  11. 皮膚にうるおいを与える

引用:薬用Wオールインワンジェル「ピュアメイジング」

あなたのニキビ跡に効きそうな効果効能は見つかりましたか?

リラックスタイムで透きとおる肌へ

出典:Photo AC

自分時間に贅沢な美容成分を使ったご褒美ケアすることをオススメしましたが、もっと早くニキビ跡を癒やしたいという方に、より効果的な方法をご紹介します。

いつもよりまとまった自分時間が取れたときや、疲れがたまっているときなどにスペシャルケアとして試してみるといいですよ。

手で包み込んでじんわり温める

ピュアメイジングに限らず、どのスキンケアアイテムにも共通する方法です。
やるのは簡単。
ジェルを肌にのせて優しくのばした後に、両手で顔全体を包み込んで、ひと呼吸の間じんわりと温めるだけ。
このひと手間で、美容成分が肌に馴染みやすくなります

手で顔を温めるだけで、気持ちが落ち着く効果も。
用意する道具はないので、思い立ったらすぐに実践できますね。

半身浴をしながらパック

入浴時に少しゆっくりできるのならば、オールインワンジェルを少し多めに顔にのせてパックをする方法も。
お湯につかって、半身浴を楽しみながらでもいいですね。エステ気分でリラックスできそう

もちろん、お風呂でなくともパックはできます。
オールインワンジェルのパックならば、寝る前にパックをして、そのまま寝てしまっていいからラクですよね。

マッサージやツボ押しでセルフエステ

優しくなでるようにリンパマッサージをしたり、血流が良くなるツボを押すなど、セルフエステをするのもいいですね。
フェイスマッサージやツボ押しをする際にピュアメイジングを使うと、こする、引っ掻くなどの刺激から肌を守ることにつながります

ちなみに、ピュアメイジングのお届けが初めての方には、プロエステティシャンが監修した美肌マニュアルもついているそうですよ。

生活習慣を少しだけ見直すのがいい

出典:Photo AC

ニキビ跡が気になる部分を集中的にケアするのも大切ですが、プラスしてやるとグンと効果がアップするものがあります。
それが、生活習慣を少しだけ見直すこと。

良くない生活習慣を続けていると、ホルモンバランスが乱れ、ニキビができやすい肌になってしまいます。
せっかくニキビ跡のケアをしているのに、新たにニキビができるのは避けたいもの。

生活習慣を見直すといっても、生活をガラリと変える必要はありません。
ちょっとだけ、ニキビ跡に効く習慣を無理のない範囲で取り入れてみるだけでいいのです。

ニキビ跡に効く食生活

当たり前ですが、栄養バランスを意識して食べるのがベストです。
ただ、特に気にしてほしいのは、タンパク質。肌にいいものというと、野菜のビタミンなどを真っ先に気にする方が多いのですが、タンパク質がないとうまく活かされないことがわかっています。
野菜もしっかり食べつつ、お肉や魚介類、卵などを積極的に取り入れてみてくださいね。

ニキビ跡をケアする睡眠

肌が元気に生まれ変わるためには、やはり良質な睡眠が必要です。
寝る時間帯よりも、いかにリラックスして深く眠るかが重要なところ。

  • 寝る前に食事や間食をしない
  • 布団の中でスマホやパソコンの光を見ない
  • 就寝1時間前にお風呂またはストレッチで身体を温める

良い睡眠ができると、ニキビ跡のケアだけではなく、身体全体の健康にとってもプラスになります。

肌荒れを繰り返さないための運動

身体をほどよく動かせば、全身の血行が良くなり、それだけで肌荒れ予防につながります。
運動、というと、苦手意識を感じる方もいるでしょうが、無理にジョギングをしたり、スポーツジムに通わなくてもいいのです。
家にいながら、短時間でできる方法はたくさんあります。これまでよりも大げさに身体を動かして家事をするだけで汗をかくくらいの運動量になった、なんて例もあります。

自分に合った身体を動かす習慣がつけば、ニキビ跡から解放されやすくなりますよ。

ニキビ跡がいつの間にか気にならなくなる瞬間

出典:Photo AC

ニキビ跡から解放されるためには

  • 自分時間をつくってストレスを軽くする
  • ニキビ跡に効果的な美容成分が入ったものを使って、ご褒美スキンケア
  • 生活習慣をちょっとだけ見直す

この3つのポイントが大事でしたね。

少しずつ実践していけば、ニキビ跡がいつの間にか気にならなくなります。

今の肌の状態は、あなたの行動の結果。
これからの肌をどんな風に育てていきたいのか、ぜひイメージしながらニキビ跡のケアに取り組んでみてくださいね

 

自分時間もちゃんと確保したいけど、いつもの肌ケアは時短で済ませたい、という方にはこちらの記事がオススメ。

時短で目指す!忙しいあなたが大人ニキビと上手にバイバイする方法

 

あなたが充実した自分時間を過ごして、たくさんのご褒美を肌に与えて、いつの間にかニキビ跡が気にならない肌になっていることを願っています。


この記事を書いた人
飛花くるみ
子どもふたりを育てるママ。
美容関係の書籍をこれまでに100冊以上読んで、美についての知識を蓄えている。最近は主婦向け雑誌も定期的に読んで研究中。