資産を管理していくのにただ預金をするのでなく、いかに持っている資金を増やすために、安定し続ける投資をしていくかによって、増えた資産によって、自分の夢や希望の実現以外に周りの人たちをも助けることができます。

今回は資産管理は何のためにするのか、そして投資の必要性についても詳しくお伝えしようと思います。

・資産は何のため?

そもそもお金は何のためにあるのか、そして資産はどのように持つべきかなど、お金についてどのような考えを持っているかによってお金が生きた効果をもたらします。

そもそもお金自体、持っているだけでは幸せになりません。

お金は夢や希望を実現するための道具であり、その道具が大きければ大きいほど、自分が成し遂げたいことを進ませるのに力をもたらします。

お金はただ貨幣だけでなく、不動産や株などにも変化し、資産として保有するようにもなります。

さまざまな資産は何のためにあるのでしょうか?

これも夢や希望を実現するためであり、不動産であればそれによって賃貸収入などでお金を増やします。

それはただ増やすだけでなく自分がしたいことを実現するため、そして周りの人を助けるために増やしていきます。

例を挙げれば、お子さんに対して資産を残すことは、将来不安にならないようにする親からの希望です。

資産は何のためにあるのか、その目的によって、ただ持っているだけで自慢するのは意味がなく、むしろ何かを実現するために保有し、それを増やすことで資産が無くて何も実現できないリスクを回避する事ができます。

・お金はお金があれば生み出せる

お金に対する意味が分かった後、ではそのお金、資産はどのように使っていけばいいのでしょうか?

ある方はこんな言い方をしました。

「お金を増やすにはお金があればいい。」、つまり資金や資産の持っている方が資産を増やすことができると例えでおっしゃっていました。

だからと言って銀行の定期預金に多額の資金を入れた事で多くの利息が与えられるわけではありません。

その結果、資産を活かすには投資に目を注ぐ必要がありますが、投資でもリスクがある以上、投資に対する知識が事前に必要となります。

資産を減らさず安定的に着実に増やしていく方法を探し出し、継続していくように管理し続けることで資産をさらに増やしていくことができます。

まずお金はお金があれば生み出せますが、その後増やしていく方法として投資と言う分野があり、投資で資産を生み出していくためにはその後管理や検証が必要になっていきます。

・資産を活かせるおすすめ投資商品

投資が必要であると分かった後、資産を活かせる安全・安定的な投資商品はないのか?と言う問いかけにおすすめする投資商品としていくつかピックアップします。

1. 株式投資

投資と言うと一番思い当たるのが会社の株を保有する事への株式投資。

気軽に始められるメリットがありますが、会社の業績、マーケットの影響ににより、大手企業と言えども株の価値が値下げをすることもあります。

最近では株主優待を期待し、一定の口数を購入される方も増えてきています。

2、投資信託

投資と言うと株式投資と同様に良く知られているのが投資信託。

取引の仕方として銀行や証券会社、郵便局にて専用口座を開設し、その後は入金した後、気になるファンドに投資をしていきます。

メリットとしては一定の間隔で分配されていきますが、デメリットとしてファンドの成績によっては分配金に低下したり、ファンド自体も価値が低下することもあります。

3、外貨預金

外貨預金は外貨を購入して保有する事により、日本の定期預金よりは金利が付くメリットがありますが、デメリットとして為替変動により購入した時に比べ、円に換算すると安くなっている事もあります。

4. FX(外国為替証拠金取引)

証拠金となる資金をFX業者に入金した後、為替相場を基に通貨毎にレバレッジ設定をし、取引をします。

為替相場を相手に取引するために、通貨のポジションを保有した後、円高や円安にふれた時に売却する事で利益を確定できるメリットがありますが、急激な為替変動により損失を被るリスクを潜んでいます。

5、金

金は世界的に認められており、過去と今でのレートでは右肩上がりになっているため、金購入後、一定期間保有し続けることで売却する際には金相場の変動により、利益が増える可能性があります。

貨幣は国の情勢により価値が低下するリスクがありますが、金は世界的に認められているために国の情勢によって価値が下がるようなデメリットはほとんどないと言われています。

出典:イラストAC

6.不動産

不動産保有をすることで一定の安定収入に期待が持てます。

場所や賃貸物件によって入居者が常に入れば、収益に安定性をもたらすメリットがありますが、入居者同士の近隣トラブルなどによるデメリットの面もあります。

出典:イラストAC

7、ソーシャルレンディング

最近注目されいる投資分野として、投資型、融資型クラウドファンディング、通称ソーシャルレンディングと言うのがあります。

取引はとてもシンプルで、ソーシャルレンディングを提供している業者の口座開設をし、その後業者が投資案件として募集しているファンドに対して投資をしていきます。

ファンドには利回りと運用期間、リスクなどが掲載されており、それに同意した上で投資をしていきます。

メリットとしては、株式や為替相場による相場の変動を受けることが無く、ファンドが提示している利回りなどを理解した上で投資をする為にファンドが安定運用しているのであれば、投資した額を減らすことがないために安定的と言われています。

そしてファンドには貸し倒れと言うリスクがありますが、日本のソーシャルレンディング業者は貸し倒れがほとんどないことから、安心して投資をする方が増えてきています。

資産を上手に増やしたい方にとって安心できる投資商品として人気が出てきています。

・数ある投資商品のリスク

様々な投資商品がありますが、それぞれメリットもあればデメリットもあります。

では投資をせずに資産をそのままにしておけばいいのかと、それも生きた目的を持っていない資産とも言えるでしょう。

大事なのは投資がよくないのではなく、投資を知らないで運用する事へのリスクがよくないと言えます。

投資商品はリスクがある以上、1つの投資商品だけをするのではなく、バランス良く分散投資をしていく事が基本です。

自分ではとても難しいと思う方は、資産を活かすためのパートナーを見つけることをお勧めします。

その1つがKeen Linkersです。

Keen Linkers

http://keen-linkers.com/lp/money_consulting

彼らは顧客のニーズに満たす方法として資産活用をしたいと考えている方に丁寧にわかりやすくアドバイスをする資産運用のプロ集団と言えます。

資産管理において個人的に勉強しておくことも大事ですが、専門的に彼らから助言をいただくのも効果的な運用方法を身に付ける近道とも言えるでしょう。

数ある投資商品をいかに上手に運用し、リスクを抑えていくのか、それを理解する事で資産が更に資産を生み出し、夢や希望へ実現できる力を増やしていく事になるでしょう。

・今人気が出ているソーシャルレンディング投資とは?

先程おすすめの投資商品としてソーシャルレンディングをお伝えしました。

ソーシャルレンディングによっても分散投資をすることで、資産運用をしていくことができます。

最近注目されている投資分野であり、少し前までは業者も少なかったのですが、ここ数年は業者が増えてきており、いろんな選択肢が増えてきました。

それぞれの業者の特徴やファンドの運用結果を理解した上で投資をすることで、高利回りによる収益に期待が持てます。

ソーシャルレンディングのファンドの利回りは低いものでは4.5%前後、大きいものでは12%前後のものまでもあります。

それぞれファンド運用に対するリスクはあるものの運用実績として運用前に提示した利回りに対してはほとんど実現されています。

ソーシャルレンディング投資を学び、独自で投資をする方法もあれば、先程紹介したKeen Linkersのような運用のプロに助言をいただきながら共に進めていく方法もあります。

・まとめ

資産は眠らせておくだけでなく、活かし続けるのがとても大事であり、ただ資産を投資に全部するのは賢い選択とは言えません。

投資を知った上でどれくらいのリスクがあるのかしっかり学び、わからないのであれあ、Keen Linkersのような専門の資産運用にプロに相談するようにしましょう。

資産が増えてくれば、自分の夢や希望の実現だけでなく、周りの人を助ける力にもなっていきます。


この記事を書いた人
ニックネーム:たけ
普段はソーシャルレンディング向けの記事を書いており、それ以外にも投資に対する考え方や資産運用や資産形成に対してもわかりやすく記事を書いています。
よろしくお願いします。