出典:pixabay

資産と言っても自分には特にそのようなものもないと考えている方にとって、資産形成をしていくのは他人事のような感じを受けますが、今からでも資産形成をしていくことで将来、老後の事やお子さんの学校に対しても、事前に資金を用意しておくことができます。資産を形成をしていくことの重要性と、今からでも遅くない事についてお伝えします。

資産形成を始めよう!

資産形成を早めのうちからすることで、今の給与以外からの収入源として確保することができます。

あるデータによれば、埼玉県で老後を過ごす場合に年間500万円以上必要と言うデータが出ました。

500万円ぐらいの生活はしないだろうと思いつつも、将来に対する年金や貯金に対して、何かしら不安を誰もが感じています。

資産形成はある程度収入のある資産家のような人がするのではないかとそうでもなく、今からでも作り上げていく事で、将来の計画に対して負担を抑えることができます。

資産形成する時には投資と言う分野がありますが、投資にも知識がないと考えている方は専門的にの資産形成をアドバイスする企業もあります。

その1つであるKeen Linkersはそのような悩みをサポートし、長い目で共に資産形成を作り上げていきます。

Keen Linkers

https://peraichi.com/landing_pages/view/90pj9

今から資産形成をしていきましょう!

資産形成をするのであれば長期的に見る

資産を形成するにはしっかりと作り上げることが必要であるために長期にわたって作り上げる必要があります。

資産形成はあくまでもギャンブル性のある分野でなく、むしろ管理的な要素が強いために、資産形成をしていくのに必要な投資に対しても収益が確保されているのか分析能力も必要になります。

長期的に見ている途中でも、投資をしているのであれば少しずつ収益が入って来るために、徐々に資産がつくりあがっていると実感されていく事でしょう。

形成されていれば一定の収益も確保できるために将来への不安が徐々に低下していくはずです。

ギャンブル性のある資産形成はリスク大

私たちは投資とギャンブルに対して別に考える必要があります。

資産形成はあくまでギャンブルでないために例外を除いては大きく収益が確保される事もありません。

むしろ、一定のリズムで収益が与えられるために、じっくりと資産が建て上がっていく過程を見るために、急な収益や損失が頻繁に起こるのであれば、見直す必要があります。

急な収益は精神的も安定性をもたらさないために、いつでも不安感を持ち続けることにもなります。

年金の特徴も同様に、将来年金が入って来るのか心配する懸念はありますが、やはり年金を納めている人々にとっては年をとった後、安定的に受け取り続けたいとお金だけでなく安心をもほしいと願っています。

資産形成も同様の事が言え、安定的に収益が入るよう作り上げることで、将来不安を持たせない事にもなります。

長期的に安心な金融商品ってあるの?

長期的な信用できる、そして安心できる金融商品、投資商品はあるのかと言えば、預金のような国からの保護が無ければ、高い安心を得る商品はないと言えますが、安心し続けるように安定的な商品を見つけることは可能です。

資産形成においては投資のおいても分散投資やバランスが必要があるために、Keen Linkersのような専門の資産形成をサポートする会社に頼る方法もあれば、自分で勉強して資産を作り上げる方法もあります。

時代を重ねるごとに投資商品においても、過去は保証がない商品もありましたが、今では担保として物件があり、その上で投資商品が販売しているのもあり、昔に比べてリスクは抑えられていると言えます。

そこで今注目されている投資分野としてソーシャルレンディング投資があり、相場のような変動がなく、無事に投資するファンドの運用に問題なく終了したら、銀行の定期預金以上の配当が得られるようになります。

そのソーシャルレンディング投資の魅力は何なのでしょうか?

ソーシャルレンディング投資の魅力

資産形成するのに安定を求めているのであれば、組み込んでいきたい投資商品としてソーシャルレンディング投資があります。

最近、始められる方も増えてきており、その魅力は株式相場や為替相場のような変動による損失がなく、通常ソーシャルレンディングを運営している会社から投資対象となるファンドが募集されます。

そのファンドに投資額を入金し、運用後にこの利回りが与えられる事も書かれている事からいくら配当されるのかをある程度計算することができます。

その利回りはとても高く4.5%~12%とファンドによってまちまちであり、最近ファンドが上手く運用できないような貸し倒れという状態に運営会社がほとんどなってないことから、手元に多くの配当が戻って来ることで投資する方が増えてきています。

資産形成をする際には実際に組み込んでいきたい投資商品とも言えます。

まとめ


出典:pixabay

資産形成を難しく考えるのではなく、ゆっくりとそして自分が将来このようなライフスタイルを持ちたいと思う状態を描きながら作り上げる事をおすすめします。

先程お伝えしたKeen Linkersはそのような資産形成をしたいと望んでいる方に少しでもお役に立てればと思っています。

資産形成は若いうちからでも早すぎることはないために、作り上げることで将来に対する不安が取り除かれていきます。


この記事を書いた人

ニックネーム:たけ

普段はソーシャルレンディング投資関連の記事を書いており、他の投資や資産運用などマネーに対する考え方についても記事を書いています。